ロベルタ・バシックさんが見えました

ここでは、「ロベルタ・バシックさんが見えました」 に関する記事を紹介しています。
昨日来日したロベルタ・バシックさんは酒井先生とともに午前中に高橋正明先生(元東京外国語大学教授・チリ人民連帯日本委員会役員)を訪問し、昼過ぎに松代に到着しました。そのまま記念館を見られ、3時、お腹がすいたと酒井先生がガレットとコーヒー、ロベルタさんは温かい白湯。りんごは美味し!とふたりとも。アルピジェラの分類、仕分けに入り、作業は進みました。

ロベルタ・バシックさんを紹介する英語のサイトがありました。
   ◇    ◇    ◇
Roberta Bacic Herzfeld , a child of European immigrants, was born in Santiago, Chile in 1949. She qualified as a professor of Philosophy and English and taught at Austral University in Valdivia from December 1973 to January 1981 when she was dismissed for political reasons.
From 1982 she worked as faculty in English, initially in the Carlos Anwandter German Institute in Valdivia and then in San Mateo College in Osorno, both prestigious educational establishments in the south of Chile.
She later worked as a researcher for the National Corporation of Reparation and Reconciliation, in the Temuco regional office from 1 st February 1993 to 31 st December 1996 (the date on which the Corporation ceased to legally exist). At the same time, she was a professor in Human Rights at the Catholic University, Temuco, Chile, and was a member of an interdisciplinary research cluster.
Frustrated at seeing neither significant nor comprehensive advances in the area of human rights in her own country, she applied for the position of Program and Development Officer with War Resisters' International at its office in London. She took up this position in February 1998.
As a way of conveying processes of resistance, memory and the search for truth and justice in a context of repression, she turned to the use of narratives found in 'arpilleras', a textile art developed by Chilean women during the military dictatorship of Augusto Pinochet. Arpilleras have greatly contributed to preserving the memory of such repressive acts and their impact on the daily lives of many women, their families and society.
Since 2008, she has curated more than 30 international exhibitions of arpilleras that have been a source of inspiration to women from different countries, encouraging them to represent through this medium how aspects of their personal and community life have been affected by human rights violations.
Ms. Bacic has lived in Northern Ireland, United Kingdom since 2004 and from there she works on organizing international exhibitions of arpilleras and quilts with political stories. For information on exhibitions she has curated: www.cain.ulst.ac.uk/quilts

ロベルタ・バシック・ヘルツフェルトはヨーロッパ人の移民の子として1949年にチリのサンティアゴで生まれました。 彼女は哲学と英語の教授の資格を得て、1973年12月からバルディビアのアウストラル大学で教職に携わりましたが、1981年1月、政治的な理由で解雇されました。
1982年から、彼女は英語の教員として、初めはバルディビアのカルロスAnwandterドイツ語研究所で、ついでオソルノのサン・マテオ大学で働きました。両方ともチリ南部の一流の教育機関です。
その後、彼女はテムコ地域事務所の「償いと和解国立法人」の研究員として1993年2月1日から1996年12月31日(法人が法的に消滅した日)まで働きました。同時にテムコのカトリック大学における人権の教授であり、学際的な研究集団のメンバーでした。
自国の人権の分野において明確かつ包括的な前進が見られないことに不満を抱き、彼女は国際戦争抵抗者ロンドン事務所のプログラム・開発責任者のポジションに応募し、1998年2月にこのポジションを得ました。
弾圧に対する抵抗と記憶、真実と正義を探求する過程を伝える方法として、彼女は”アルピジェラ”──アウグスト·ピノチェトの軍事独裁政権の間にチリの女性たちによって開発された織物技術──に見られる物語を使うことにしました。アルピジェラは弾圧行為が多くの女性の日常生活や家族、社会へ与えた影響を記憶し、保存するために大いに貢献しました。
2008年以来、彼女は30以上の国際的なアルピジェラの展覧会の管理者を務めてきました。それはさまざまな国の女性たちのインスピレーションの源となり、人権侵害によって個人および共同体の生活がどのように影響を受けているかをこの媒体を用いて表現することを奨励しました。
バシックさんは2004年以来、北アイルランドに居住し、政治的なストーリーをもつアルピジェラやキルトの国際的な展覧会を開催するために活動しています。展覧会の詳細について彼女が次のサイトを管理しています:www.cain.ulst.ac.uk/quilts

   ◇    ◇    ◇
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1685-c0e7c150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック