春の流れへのプレリュードでは

ここでは、「春の流れへのプレリュードでは」 に関する記事を紹介しています。
徴用出頭は、いよいよウエディング・マーチへのアフロディーテのお導きではないかしら・・・或いはわたしたちの春の流れへのプレリュードではないかしら・・・

おお しかし、願はくば、わたしのナルシスさまの傷つかぬようなお仕事でありますよう。
かよわい わたしの おこどもさんの堪え得るようなお仕事でありますよう。
あなたよ、けれど どのような事になりませうとも、お力落しになられないで・・・
あなたになる わたしが居ります故。居ります故。
参りますわ。十一日に。
又、一時半 長野駅着で。

 ──万一、都合よければ十日に参りたいものですが、もし、そうなるなら、その節 電報で おしらせ致しませうね。──

あなたよ、あなたよ、
おお・・・ 又すぐ あなたのお傍へ参れますのね。
そしていろいろ新らしい事について お話出来ますのね。

大島博光様
二月四日(昭和二十年)    鈴木静江
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1676-8662f94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック