労 働

ここでは、「労 働」 に関する記事を紹介しています。
 労 働

港の荷揚作業を終えて
足は黄昏の中を歩いて行った
石と石との街の中を

膝頭の中には北極があった
足は氷であった
ただ頭だけが燃えて
ただ眼だけが燃えて

(『蝋人形』1937年10月号)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1664-1ebb2904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック