ピカソ──ガートルード・スタインの肖像

ここでは、「ピカソ──ガートルード・スタインの肖像」 に関する記事を紹介しています。
肖像の完成
一九〇六年八月、ピカソはパリに帰ると、放ったらかしておいた「ガートルード・スタインの肖像」を、モデルを見ることなしに、一気に仕上げた。「ガートルード・スタインの肖像」は、モデルの性格分析をとおしての深い心理的追求を示しており、スタイン女史の資質、才能のひらめきを描きだしている。その鋭い眼をした顔は、きわめて冷やかな木彫の仮面のようである。この点については、イベリヤ彫刻の影響が指摘されている。そして、「アヴィニョンの娘たち」の左側の人物たちの顔も、この影響によって説明されるであろう。ここにすでにキュビスムは始まっていた……。

<新日本新書『ピカソ』──ガートルード・スタインの肖像>

ガートルード

ガートルード・スタインの肖像(Picasso /Frank Elgar)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1653-90215458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック