ポール・エリュアール「愛する女」

ここでは、「ポール・エリュアール「愛する女」」 に関する記事を紹介しています。
 愛する女
     一九二三年

彼女は わたしのまぶたのうえに立っている
彼女の髪は わたしの髪のなかにからむ
彼女は 愛撫するわたしの手の姿をし
彼女は わたしの眼の色をしている
彼女は わたしのくらやみのなかにとけこむ
空のなかに消え入る石のように

彼女はいつも眼をひらいていて
わたしを眠らせようとはしない
光りあふれる彼女の夢は
太陽の光りをも消しさり
わたしを笑わせ 泣かせ 笑わせ
言うこともないのに わたしに口をひらかせる

<『エリュアール詩選』1956年>
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1602-0b9f6f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック