アラゴン──マヤコフスキーとの出会いとエルザとの出会い

ここでは、「アラゴン──マヤコフスキーとの出会いとエルザとの出会い」 に関する記事を紹介しています。
 エルザとの出会い

  おお 狂気の頃よ 思い出よ 消えさるがいい
  そしてきみは十一月にやってきた 僅かな言葉の
  やりとりで わたしの人生はふいに向きを変えた
    クーポールの酒場での一夜
                      (『眼と記憶』)

 ドラマはつぎのように始まった。
 一九二八年十一月五日、あのモンパルナスの、まるで駅のように大きなカフェのひとつで・・・満員の狭い酒場と騒々しい大広間とをへだてている、飾りのないマホガニーのぶらぶらした鎧戸を通っているとき、わたしは自分の名を呼ぶ外人の声をきいた。見知らぬ連中が、腰掛けのうえで、わたしをじっと見ていた。そのなかのひとりが立ち上って、わたしに言った。
 「詩人ウラジミール・マヤコフスキーが、あなたを呼んでいます。かれのテーブルに坐ってくれませんか…」廿五年前に、この男がそこからやってきたあの巨大な現実について、わたしが何を知っていただろう? けんけんごうごうたる賛否両論に蔽われたその国について、ユゴーとダンテから浮かび上る夢のような国について、わたしが何を知っていただろう? その国の思想は、三十才のわたしの唇には酒のように強烈だったが、何冊かの本や絵本と「戦艦ポチョムキン」のほか、何をわたしが知っていただろう?──わたしはそのテーブルに坐った。あの心のなかのロマンティスムと、パリのめまいのするような無鉄砲さとをもって。このことから、わたしの人生が根底から変ってゆくなどとは、わたしは夢にも知らなかった。──そうして翌日、混んではいたが風通しのいい同じ場所で、もうちょっと遅い時刻、とつぜん店がほとんど空になる頃、わたしはエルザ・トリオレに出会った。それ以来、わたしたちはもう離れなかった…⊥ (『ソヴィエト文学』)

 この二つの出会い──マヤコフスキーとの出会いと、エルザとの出会いとが、アラゴンの人生に決定的な影響を与えることになる。

 アラゴンがマヤコフスキーに初めて会ったのは、この一九二八年の末であったが、マヤコフスキーは、当時ほとんど毎年のようにパリを訪れていたのだ。マヤコフスキーのこれらのパリ滞在中、フランス語を知らぬマヤコフスキーの案内役をつとめたのがエルザであった。一九二二年九月には、フランスの芸術家たちが、マヤコフスキーを歓迎して、宴会を催している。一九二七年五月には、アンリ・パルビュスの指導する「クラルテ」のグループによるレセプションに応じて、マヤコフスキーはそこで挨拶をしている。この一九二七年の旅行ノートのなかに、マヤコフスキーはまだ会ったことのないシュルレアリストたちにふれて、こう書きとめている。「彼らのうちの多くは、共産主義者である。彼らのうちの多くは、「クラルテ」の協力者である。とりわけ、詩人であり作家であるルイ・アラゴン、ポール・エリュアール、その他の詩人たちがそうだ。奇妙なのは、この前期革命的なグループが、詩と宣言によって仕事を始め、わがロシヤにおける「左翼インテリゲンチャ」の古い冒険を復活させていることだ」
 マヤコフスキーは、ここで、シュルレアリストおよび当時のフランスの作家たちが、フランス文学の民族的伝統に十分深く結びついていない点を、主として非難しているのである。
 後年、このマヤコフスキーとの出会いについて、アラゴンはつぎのように書く。「この瞬間こそ、わたしの人生を全く変えてしまうことになった。詩を武器に変えることのできた詩人、革命の下手(しもて)にいることのできなかった詩人マヤコフスキーは、世界とわたしとを結びつけるきずなとなった。それは、わたしが自分の手くびに受けとり、こんにち、すべてのひとびとにさし示している鎖の最初の環である。この鎖は、あらたにわたしを外部世界に結びつけている。御用哲学者たちは、この外部世界を否定するようにといままでわたしに教えこんできた。唯物論者として、われわれが変革しうるこの外部世界に、それ以来、わたしは醜悪な敵の顔を見いだすだけでなく、数百万の男女の深い眼を見いだすのである。詩人マヤコフスキーは、これらのひとびとにこそ語りかけるべきであり、語りかけうることを、わたしに卒直に教えてくれた。これらのひとびとこそ、この世界を変革するであろう。彼らは、うち砕いた鎖のぶらさがっている傷だらけの拳を、この世界のうえ高くさしあげているのである」 (『社会主義リアリスムのために』)

 アラゴンはまた、エルザに出会ったときの自画像を、自嘲のニヒリズムのなかに生きていた自分じしんのイメージを、つぎのように描く。

 おまえに会った時のわたしは 浜べで拾われた小石であり
 だれにも使い方のわからぬ 奇妙な落し物であり
 潮に打ち上げられた 藻のからみついた六分儀であり
 部屋の中に入ろうと 窓べにただよっている靄(もや)であり
 掃除もされず ちらかし放題になったホテルの部屋であり
 祭りのあとの 汚れた紙屑で埋まった十字路であり
 列車のデッキに坐った 切符なしの旅客であり
 悪い岸べのために 野の中をくねって流れる川であり
 自動車(くるま)のヘッド・ライトに照らし出された森の獣であり
 白みかけた明けがた 家に帰ってくる朝帰りの男であり
 牢獄の暗やみに 吹っきれずに残っている夢であり
 ・・・
 沼の濁(にご)った水を飲みに 駆け出してゆく馬であり
 夜 悪夢にうなされて もみくちやになった枕であり
 眼に藁屑が入ったとて 太陽にあたり散らす罵詈(ばり)であり
 天の下 なんの異変も起らぬと 業をにやす むかっ腹であり
 夜中に おまえの出会ったわたしは 取り返しのつかぬ言葉であり
 家畜小屋に横たわって眠っていた 放浪者であり
 他人の頭文字のくっついた頸環をはめた犬であり
 わめき散らし 騒ぎ散らしていた かつての日の男であった
                             (『未完の物語』)

 こういうアラゴンの前に、エルザはまさに救世主のように現れた。エルザとの出会いは、アラゴンの人生における決定的な転機となる。それは、アラゴンの人生における、それまでとは全くちがった世界の出現を意味していた。このちがった世界がアラゴンをちがった人間へと、変えてゆくことになる。

<東邦出版社『アラゴンとエルザ 抵抗と愛の讃歌』──アラゴンの人となり>
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1586-0c9b8673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 エルザとの出会い  おお 狂気の頃よ 思い出よ 消えさるがいい  そしてきみは十一月にやってきた
2012/11/13(火) | まっとめBLOG速報