夜の歌

ここでは、「夜の歌」 に関する記事を紹介しています。
 夜の歌
               ピーエル・ガマラ/大島博光訳

蝶々はビロードだ、ビロード切れだ、
帽子もかむらず飛んでいる、飛んでいる
その大きな眼に、重そうな眼に、
白い まっ白いばらが王女に見えた。

きこえるかい、森の奥で、奥のほうで、
蛙たちがころころ、ほろほろ鳴くのが?
なんだろう、おまえをぬらすこの露は、波は、
歌っているこの小歌は、この声は?

もう夜だ、子供たちも眠っている、
栗鼠(りす)たちも眼をとじて眠っている。
蛙の子たちが、にれの木かげで、
ヴァイオリンを弾いている、道は青い。

こおろぎは裸麦のなかでのこぎりをひき、
仔狐たちは穴のなかでのどを鳴らしている、
小鳥も眠り、おまえのノートのそばで、
消しゴムや定規(じょうぎ)も眠っている・・・

<自筆原稿B>
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1582-af5db163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック