或る女の顔

ここでは、「或る女の顔」 に関する記事を紹介しています。
或る女の顔

まるで 木彫りの跡、カットの跡もあざやかに残っているような彫りの深い顔、すっと高く筋の通った鼻、形あざやかな唇、全体は面長だが、調和のとれた立体感のある顔、眼には希望のない悲哀の光り、しかしそれは絶望的な、あるいは退廃の暗さをふくんではいない。どこか静かに希望を期待し、よみがえりを待っているような顔。
(note─甲府講演)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1568-56f4a917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック