シャンソン「 もしも、貴方に逢えずにいたら」

ここでは、「シャンソン「 もしも、貴方に逢えずにいたら」」 に関する記事を紹介しています。
2009年7月、島本弘子さんがアラゴンの詩によるシャンソンを歌いました。



 「もしも、貴方に逢えずにいたら」は、アラゴンが愛妻エルザに逢わなかったら、男は眠り続け、人間らしくはなれなかったろうという想いを歌ったもので、愛が人間の存在と形成に深く係る大事なものだということ、愛のもつ意味の重さというものを、おのれの体験を通して詩の言葉で訴えている。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1565-68ef442d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック