おめざ

ここでは、「おめざ」 に関する記事を紹介しています。
おめざ
                清美

父は、東京で
兄と創めた小さな工場をたたみ
姉を連れ、母の里に疎開した。
終戦後、私が生まれ、妹が生まれた。

空襲に怯え、都会の暮らしに馴染めなかった母が、
東京に戻ることを承知しなかったため、
そのまま、田舎暮らしを余儀なくされた。

そして、長野市内の印刷会社で植字工として働いた。
鉛に囲まれた裸電球の町工場
冬になると卒業文集等の受注が多くなるのか、
恒常的な残業が続いた。
遅くなる日は、会社から、お夜食といって、
イチゴジャムや、ピーナツジャムの食パンが、支給された。

帰りの遅い父を待てずに、私たちは寝ていた。
そして、翌朝、枕元におかれたパンを、
私たちは、「おめざ」といって楽しみにして食べた。

そのころ、父は何時に帰り
夕食に何を食べたていたのか、まったく記憶にない。

暗く寒い夜半、千曲川の木橋は、ガタガタと音をたてた。
家路に向かう父は、何を思い自転車をこいだのだろう。

給料は遅配、残業代は削られて、
それでも父は黙って働いた。
この不景気でと、頭を下げる社長に何も言えなかったと。

今は、母も亡く、父も亡く、東京生まれの姉も逝ってしまった。
幼かった殊に尋ねても、何も憶えていまい。

「おめざ」なんとも、懐かしくせつないことば。

<『狼煙』70号>
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1558-3b67a277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック