小組曲

ここでは、「小組曲」 に関する記事を紹介しています。
 小組曲
                    大島博光

ひとりの詩人がうたう
わたしがここへやってきたのは
人間のなかの人間をうたうためだ

ひとりの詩人がうたう
わたしは プロメテのように
火をくばって歩きたい

孤独が泣いている暗い部屋のなかに
若い恋びとたちの胸のなかに
ほのかな火をともして歩きたい

だが プロメテも 核のような
全人類を焼きつくすような
悪魔の火は盗まなかった

偽のプロメテの手から
偽の太陽を
たたき落そう
   *
わたしは拾う 冬枯れた野に
枯れて乾いた 落穂をいくつか

わたしの拾った 落穂がいつか
穂麦となって 風にそよぐように
   *
なぜ あんな狼を見逃したのか
なぜ あんな地獄を見過ごしたのか

おれたちは狼を神だと思い込んでいた
おれたちは狼を野放しにしていた

狼はまた牙をむき出して襲いかかる
そうして地獄がまたくりひろげられる
   *
夢のなかで 詩を書いていた
眼が覚めたら 忘れてしまった

だが なんとうつくしかったろう
眼が覚めて 忘れさった詩は
   *
見えない遠くを見るために ひとは夢みる
遠くへ呼びかけるために ひとは歌う

<『詩人会議』1996年4月号>

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1487-279a663e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック