きみらはどこにいるだろう

ここでは、「きみらはどこにいるだろう」 に関する記事を紹介しています。
 きみらはどこにいるだろう
  ──むかしの友に

むかしの友よ きょうもぼくはきみらに語りかける
少しずつようやくにぶち砕いてきたばかりの
むかしの鏡の中のぼく自身をのぞき込みながら
むかしのぼく自身にも語りかけるかのように
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

ぼくらの青春は燃えずにくすぶる生木だった
ぼくらも火の粉をあげて燃え上がりたかったのに
ぱちぱちと若さを焚く火をさがしあぐねて
雪やもやのなかに夢のかけらを探しまわっていた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

ぼくらの春の日はただ苦くあふった酒だった
しびれの中に逃げ込むように夜ひる酔いしれ
狂気のはてには靴をさかづきにかえてあふり
ポンポン蒸気に乗って隅田川を越えたりもした
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

そうしてぼくらはその日ぐらしにぶらついていた
泥さえも七色にひかる新宿うらのぬかるみを
警戒警報のひびく夜空にちらつく電光ニュースが
何をまたたき告げていたのかも気がつかずに
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう


ぼくらはなんと若さをむだ使いしたことか
夜どおしわめき歌ってどろどろのどぶにもはまり
牛乳くばりの車が並木のかげにきしみ鳴る頃
鉛いろの空の下 蒼ざめた影となって帰ってきた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

おんなじ熱病と愛とにとりつかれて病み疲れ
行きずりの垣根に匂う沈丁花などを折るばかり
もう行き行くところもなくて野ら犬のように
雪の中に穴を掘って寝てしまおうと言った
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

ぼくらの青春はまた砂地に落ちた匕首だった
ぼくらもシュルレアリストなどをまねて気どって
ほんとうの敵がどこにいるのかさえ知らずに
やみくもにうつろなこぶしを振り上げていた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

人生はたいくつだ愚劣だとわめき散らしながら
燃える傘をかざして町通りを歩いてもみた
昇天したくて道端の電柱によじ登ってもみた
あやしげな楼屋の屋根のうえで踊ってもみた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

そして暗い眼をおのれの内の夜にばかり向けて
絶望の黒いすみで悪夢を出まかせに書くばかり
血のにじまぬ言葉でコップの中の嵐をとらえ
女のまつ毛にそよぐそよ風なども歌っていた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

ひとなみのしあわせにはつばを吐きかけながら
ぼくらは何かに追いまくられながら踊っていた
だが疲れた夜などにはふと襲われるのだった
まるで野らに捨てられた子猫のような不安に
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう


きみらのいくたりかはほんとうに気も狂ってしまった
「星のひかりは酒だ おれは神秘を飲みほした
宇宙の音楽がきこえてきて夜も眠れぬのだ」と
きみらは黄菊の咲く青山脳病院に閉じ込められた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

まっ黒い遮光幕をはりめぐらした窓の外で
仲間たちが軍靴を重く踏み鳴らしていたときに
ぼくらはあの神秘めかした「ドウィノの悲歌」や
ウァレリーのつくり話などにもききほれていた
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

黒い遮光幕は内から洩れる明りを隠すばかりか
外から射し込む光をこそさえぎっていたのに
めくらだったぼくらはそれにも気がつかなかった
でたらめな号外の鈴の音などにかきたてられて
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

ひとびとが軍需工場に引っぱられてひっぱたかれ
仲間たちが軍用列車で戦場へかりたてられていた時
ぼくらはいながらにこの日本から逃げ出していた
むかしランボオはアフリカの砂漠へ脱け出したが──
むかしの友よ きみらはいまどこにいるだろう

そして銀杏並木のみどりの葉っぱを吹きちぎり
しあわせな窓まどの黄いろい灯をも吹き消した
おんなじ突風にぼくらもまた吹きまくられて
散りぢりに嵐の夜へと吹きとばされて行った
むかしの友よ 君らはいまどこにいるだろう

きみらはいまどこにいるだろう むかしの友よ
失った春の日とそのあやまちとを悔いながら
むかしのゆがんだ鏡をぶち砕いて立ち上りながら
またきみらといっしょに歌いたいと願いながら
むかしの友よ ぼくはきょうもきみらに語りかける

<掲載誌不詳 1955年、「大島博光全詩集」>

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1454-859aa530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック