アルチュール・ランボオ「永遠」

ここでは、「アルチュール・ランボオ「永遠」」 に関する記事を紹介しています。
  永 遠
              アルチュール・ランボオ

また見つかった、見つかった、
何が? 永遠が。
海といっしょに
うつろいゆく太陽だ。

夜もねずに、覚めている魂よ、
何んにもない、うつろな夜も
燃える火の昼のまも、
その告白をつぶやこう。

人間らしい祈りから、
ひとなみのねがいから、
おまえはとき放たれて、
飛んでゆく・・・

希望なんかあるものか、
ねぎ言などもありはせぬ。
知恵にめざめて耐えるんだ・・・
罰があたるのも当然だ。

悪魔の燃え火よ、
おまえのその熱い火だけが、
人間の義務(つとめ)を焼き消すのだ、
とうとう、などとも言わさずに。

また見つかった、見つかった、
何が? 永遠が。
海といっしょに
うつろいゆく太陽だ。

<『ランボオ詩集』ーイルミナシオン─新しい詩と歌>
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1447-7cd03b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック