黎明

ここでは、「黎明」 に関する記事を紹介しています。

  黎 明
              大島博光

休息やすらひの闇影の なほ消えがてに躊躇ためらへる
朧ろなる森蔭の しみづたたへし泉にも
もやらず めくるめき 夢想ゆめみに燃えしわが眼にも
いと仄か あかつきの薄明うすらあかりは訪るる・・・

ほの白み 茉莉花の窓べのうつろへる
死の床にただひとり 死にゆくひとの瞳にも
いとうまし夢つつむ をとめの薔薇のまぶたにも
まどろみと覚醒めざめとのあはひに淡く訪るる・・・

されどはや 白楊はくやうの高き梢に鳩はきて
いちはやく 葉を揺する朝の微風そよぎにゆあみして
咽頭羽根の ど ば ねに紫に 射しいづる太陽を望みつつ




くれないに明けゆける純粋きよら時間ときを告げうたふ
今ははや 熟睡うまいより女人をみなも覚めて身をよそ
照りはゆ花房はなぶさうつる鏡に微笑ほほえみつつ・・・


(静江への手紙 「光のなかで制作の歓びに浸っているあなたが見えるやうです」に同封されていた詩)


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1418-aeeef9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック