静江日記「ショスタコービッチ交響曲第十番」

ここでは、「静江日記「ショスタコービッチ交響曲第十番」」 に関する記事を紹介しています。
四月二十五日
午後建具が入り、玄関がきれいになる。夜、コンサートへ行く。風があるので主人は行かない。ショスタコービッチの第十番、第一楽章は、荘重で、夜明け前の重苦しさとものうさを感ずる主題。第二楽章は戦争のリズム、第三楽章はすばらしい。スケールの大きなアブストレの絵の中に居る様なうちに、社会主義建設の中へグイグイ引き込まれて行く感じ。実にすばらしい。すばらしいスケールだと思う。第四楽章は前半、管楽器が実に美しい。フォルテの部分も、力強い平和の足音、闘い、勝ちとった平和への歩みの一歩一歩と言った感じで、実にすばらしく聴けた。東響の時きいた耳ざわりの不協和音がちっとも感じられず、初めて総体的に聴いた感じ。
桃子はいくらか元気。秋しょう夕食後、一寸元気がない。昨夜のつかれが少々。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1367-724f03b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック