ランボオ「悪」

ここでは、「ランボオ「悪」」 に関する記事を紹介しています。
 

散弾が赤い痰のように、一日じゅう
はてしない青空を、うなりをたてて飛びまわり
それをひややかに眺めている「王」のちかく、火砲のなかで
大隊が血にそまり、また青ざめて、将棋倒しに倒れるときにも

おそるべき気狂い沙汰が、十万の人間をふみくだき、
血の煙るかばねの山をきずくときにも
──おお、このひとびとを、おごそかにつくりだした「自然」よ!
哀れな戦死者たちが、おまえのよろこびのなかに、夏草のなかに横たわるときにも、──

神は緞子(どんす)の祭壇布や、焚きこめられた香のかおりや、
黄金の大きな聖餐杯に、ほほ笑みながら、
賛美歌のふしにゆすられて、まどろんでいる。

そうして悲しみ嘆いて集まった、戦死者の母おやたちが
古びた黒ずきんのしたで泣きながら、おさい銭をハンカチに包んで投げるとき、神は目をさますのだ
                  一八七〇年十月
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1360-1a87e095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック