酒井輝雄君の結婚仮祝言

ここでは、「酒井輝雄君の結婚仮祝言」 に関する記事を紹介しています。
一九五九年一月二日
酒井輝雄君の結婚仮祝言をわが家で、新年会をかねて行う。
酒井くんの兄さんが 信州から持ってきた野沢菜の漬けものを ひさしぶりにたべる。
なかなかよいひとばかりのような よい集まりで 三時頃終わる。

それから 早稲田の学生三君きたる。
久しぶりに 雪のうえの ばらいろの夕ぐれをみる。
七時頃 学生三君と子ども三人と 街にでる。西荻のこけし屋で 大人はビールをのみ 子どもはケーキなどたべて、ついで高円寺の赤ちゃんまで足を伸ばす。七才の桃子もうたをうたい、秋しょうもうたい、子どもたちも楽しそうであった。

(酒井輝雄さんは松代出身の友人で、大島生花園で働いていた美人の藤子さんと結婚した)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1251-b01d8961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック