アラゴン「讃歌のなかの讃歌」

ここでは、「アラゴン「讃歌のなかの讃歌」」 に関する記事を紹介しています。
 讃歌のなかの讃歌 
                       ルイ・アラゴン/大島博光訳

わたしは きみの腕のなかで 半生を過した
     *
この世の始めに 神はアダムの口に
すべての物を名ざす言葉を与えた
アダムの舌の上で きみの名はじっとわたしを待っていた
薔薇の咲き出るのを待っている冬のように
    *
わたしは 丘のうえへやってきて
一羽の鶉を捕えた男にそっくりだ
その幸運をどうしていいやら 男には分らぬのだ
おお なんと羽根のやわらかいことか
しかも 胸のどきどきするこの恐さ
    *
わたしの唇が呻めいていた時 きみの花環のような腕は
わたしの魂のまわりを アネモネのお花畑にしてくれた
    *
きみは静かに テラスからテラスへと
降りてくる 月の足どりで わたしの夜の中へ
    *
わたしには 海の話はするな
きみを生涯うたいつづけてきた
  わたしには 
わたしには きみの母の話はするな
きみを生涯抱きかかえてきた
  わたしには 
    *
わたしの手のひらは きみの肩の匂いを大事に秘めてきた
    *
きみの顔は わたしの人生の星空だ
    *
きみはわたしのなかを歩いてゆく 深い音楽よ
遠のいてゆくきみの足どりの香りが聞こえてくる

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1163-cca7dc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック