FC2ブログ

三鷹の家の風呂場の思い出

ここでは、「三鷹の家の風呂場の思い出」 に関する記事を紹介しています。
 三鷹の家の風呂場は玄関から入ってすぐ右にあった。もとは3畳の和室で、東大に通学していた母の弟・鈴木久男さんが下宿していた。久男さんが西伊豆の海で亡くなってから風呂場に改装された。
 4,5歳の頃のある晩、母と風呂に入っているとき、小便をしたくなった。あまりに気持ちがいいのでそのまま湯船の中でしてしまった。お湯の変化から気がついた母は「あら、おしっこをしちゃったのね」と言って、やさしく笑っているだけだった。
 あのおしっこのおかげで、柔らかい肌に抱かれて入った風呂の情景が今も甘美な思い出として浮かんでくる。
静江

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1046-4cdc4774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック