FC2ブログ

ネルーダ 「しあわせな二人の恋びとたちは・・・」

ここでは、「ネルーダ 「しあわせな二人の恋びとたちは・・・」」 に関する記事を紹介しています。
しあわせな二人の恋びとたちは・・・
                             パブロ・ネルーダ/大島博光訳

しあわせな二人の恋びとたちはもはや一つのパンとなり
草のなかの 月に照らされるひとつぶの露となる
歩いてゆく その二つの影さえ ひとつになり
寝床には ただひとつのうつろな太陽がのこる

かれらの誠実さは まひるのようにまぎれもない
二人を結びつけているのは絆(きずな)ではなく 匂いなのだ
彼らは喧嘩をしたり 約束を破ったりはしない
かれらのしあわせは 透(す)きとおった塔のようだ

歌と葡萄酒が 二人の恋びとたちのお伴をする
夜は二人に しあわせな花束をおくりとどける
たちまちカーネーションが二人のところで花さくのだ

しあわせな二人の恋びとたちには 終りも死もないだろう
生きている限り 何度でも生まれては死ぬだろう
かれらは 自然の永遠さを手に入れているのだ

<「百の愛のソネット」>


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshimahakkou.blog44.fc2.com/tb.php/1045-d8d85d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック