「大島博光詩集1995〜2003」草稿

ここでは、「「大島博光詩集1995〜2003」草稿」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。




逃げるのはたくさんだ


彫像


[逃げるのはたくさんだ]の続きを読む
きみは朝の光となった
                        大島博光

きみは 朝の光となった
ほかのひとが眼を覚ますように

きみは荒地に道をひらいた
ほかのひとが歩いてゆくように

きみは 耕して種を蒔いた
ほかのひとが苅り入れるように

きみは ひとに酒を差し出した
ほかのひとが酔って歌うように

    *

そのきみも もう死んでしまったと
ひとびとは 騒ぎたてているが

きみの光に眼ざめたひとは
この世の闇を見通している

きみの道を歩いてるひとは
いまも希望の町をめざしている

きみの穀物を取り入れたひとは
きみを忘れることはないだろう

きみの酒をのんで酔ったひとは
あの夜の虹を忘れないだろう

             一九九五年一月
(自筆原稿)

<「大島博光詩集1995〜2003」>

鳩



みずからをはげます歌


みずからをはげます歌

(『詩人会議』1995年3月号)

ピンクバラ





 ちんぷんかんぷんを 

ちんぷんかんぷんをならべたてるな
ひとをおのれを煙りに巻くな

ちゃらんぽらんをひけらかすな
ひとの眼を おのれを晦ますな

毒にも薬にもならないもの
ただ お茶を濁すようなもの

そんなものはなんの役にも立たない
そんなものはなにひとつ語らない

この世の大事なことについて
ひとの生き方や歴史について

ひとを低いところに引きとどめる
その役割で それは毒となる



お茶を濁すようなものを書くな
毒になるようなものをうたうな

猿ぐつわはとっぱらわれた
自由にものが言えるときがきた

詩人は詩でこそものを言おう
カラスは黒いとはっきり言おう

          一九九五年四月

  (「大島博光詩集1995〜2003」)

男


 今野大力
                          大島博光

静かに眠るに眠れず 夜ふけに
むっくと起きあがる死者たちがいる

詩人今野大力も起きあがって
一夜 わたしにこの詩を書かせた

    *

その暗い時代 狼や犬どもが
牙をむき出して のさばっていた

犬どもは 小林多喜二を噛み殺した
無法にも からだじゅう紫腫れにして

そうして 今野大力にも噛みついて
この若い詩人を 死へと追いやる

傷ついた詩人を乗せた車は行く
花咲くさくらの 並木道を

小金井堤の 花におくられて*
帰えることのない死への道を

暗い狼の時代の いばらの道に
赤い野バラは 咲いて散った

未来に身をささげた若ものは
雄々しく歌った 若い詩人は

そのとき ひとりの詩人が叫んだ
「この人を視よ」と くらやみに

そうしてその暗い空から残った
夜空にもひびいたヒバリの歌

*「花におくられて」──大力の詩句

      一九九六年

(自筆原稿C)


今野大力(1904年2月5日〜1935年6月19日)
1931年日本プロレタリア文化連盟(コップ)の結成に参加し、『プロレタリア文学』などに反戦詩を発表。1932年3月、駒込署に検挙され、その時の拷問がもとで入院。回復後の1933年、日本共産党に入党。病気に苦しみながら創作を続けるが、1935年結核で死去。

──父が一人になってから毎月二回、私は”恋人に会いに行く”ように父の許を訪れ、幸せな時間を過ごしました。毎年、桜の季節には玉川上水に沿った通りをお花見ドライブしました。拷問されて重体となった今野大力が寝台車でこの通りを送られ、この桜をみて「花に送られる」を書いたんだよ、と感慨深げに語ってくれました。──(「父・大島博光について」『詩人会議』2006年8月号)

  鼠 考
          大島博光

根腐れの国に 鼠がはびこる
国をまかなうという 金蔵(かなぐら)に
国をまもるという 国城(くにしろ)に
鼠がはびこって 国は根腐れ

でっかい鼠 ちいさい鼠
頭取の部屋に 部長室に
大臣や代議士の事務所に
お偉い鼠 エリートの鼠

鼠どもは なんでもかじる
金庫をかじる 飛行機をかじる
ダムをかじる 大地をかじる
証券をかじる 未来をかじる

かじるものが そこになければ
かじるものを 自分でつくる
職権とわる知恵をふるって
無から有を でっちあげる
 
でっかい鼠は でっかくかじる
ひと呼んでこれを 巨悪という
また欲ふかく 天下ってかじる
無数の公団や 外郭団体で
 
議会に巣くう 鼠どもは
献金というワイロをかじる
報告すれば ワイロではない
勝手な法律で ワイロをかじる
 
見返りは たんまりつけてやる
兆という血税を つぎこんでやる
根腐れの国に 鼠がはびこる
鼠がはびこって 国は根腐れ

             一九九九年一月         

(『稜線』、「大島博光詩集1995〜2003」)

きみの植えた 梅の木が

飛ぶ鳥のように わたしから
きみが飛びさって 十三年
孤独のなかに 生き残って
ひとり老いて 十三年

こぼれ流れる 涙のなかに
溺れてるほか なかった
だれが 慰めてくれたろう
どこに癒やしがあったろう

いったいだれが 覗きみよう
愛するものを 失った
その悲しみ 痛みのなかを
その内奥の 秘密のなかを

涙も涸れて 乾くように
悲しみの時間(とき)も 流れさる
きょうも太陽が のぼるように
老いた生も 跳ね起きる

きみの植えた 梅の木が
ことしも紅い花をつけた
まるで きみじしんのように
庭いっぱいに 咲きこぼれた

向日葵(ひまわり)のように 明るかったきみは
どんな嵐にも へこたれなかった
きみは今も わたしを励ましてくれる
泣かずに 生きるようにと

いままた 大地が揺れ動いて
怖るべき火を 吹こうとしてるとき
傲慢な無法者が ひとり
無法な戦争を たくらんでるとき

たくさんの 女子どもたちが
生を もぎとられるだろう
罪もない たくさんの人びとが
おのれの死を 死ねないだろう

愛するものに 死なれたら
自然死でさえも 悲しいものを
劣化ウラン弾などを浴びて
罪もないのに 殺されたなら

ましてや町ぐるみ 国ぐるみ
みんな焼かれて 火だるまとなる
あの腹ぐろい 独裁者の
不法な野望の いけにえとなる

すべてのひとが 愛し合って
みんな おのれの死を死ねるように
このみどりの地球の どこででも
ひとを殺すな 戦争をするな

         二〇〇三年三月

ギター弾きながら わたしはうたう
                                 大島博光
ギター弾きながら わたしはうたう
風へと投げる なみだのうたを

きみをなくして わたしは泣いた
恥かしくもなく 泣きわめいた

一年 二年 三年ものあいだ
気のふれたように 泣きあがいた

いくら泣いても なんにもならない
いまは泣いてなんか いられない

また 手には手かせ 眼には目かくし
首に首木が かけられるとき

涙が涸れて それがわかった
死と涙から 解き放たれた

もう うたうな 涙の歌など
おのれひとりの かなしみなど

詩人こそは ひとをおのれを
はげます物だ 希望をかかげて

詩人はうたう 希望をかかげて 
生きてるかぎり 愛のうたを

川の岸べに
詩集

黄色い宅急便用の袋に「大島博光詩集」の原稿が入っていました。A 自筆原稿、B 詩誌に発表もの、C パソコンで印刷したもの、があり、初めて見るものもありました。書かれた時期は1995年から2003年で、詩集『老いたるオルフェの歌』(1995年)以降の作品になります。

「大島博光詩集1995〜2003」内容

A. 自筆原稿
1 ちぎれた歌  1998.1
2 旗はひるがえる 1996.9
3 人生には   1996.2.12
4 死を生きる
5 さよなら   2000.7.10
6 眠り男   2000.7.13
7 神神はおれたちを
8 わたしの選択    「稜線」1999.11
9 おれたちゃ すかんぴん
10 頂上をめざす    「詩人会議」1997.11
11 純粋でない悪趣味の歌
12 きみの声は
13 きみは立っていた
14 釣りきちがい
15 朝はやってくる
16 ギター弾きながら
17 今野大力  1996
18 ランボオは言った
19 おお 親しい夜よ 教えてくれ(訳詩?54p)
20 祝祭(訳詩)

B. 発表詩誌コピー
1 服部伸六はもういない   (河 18号)
2 木のうえの詩人たち ─関敦子さんへの挽歌
3 詩と詩人について ─詩のかたちによる詩論の試み    「稜線」1997.2
4 春の歌 愛と未来は おなじ闘いだ─アラゴン    「稜線」1997.5
5 私が飽かずに愛をうたうのは 1998.4
6 冬の日の日ぐれの歌──八十八歳の歌    1998.12
7 (献詩)たねをまいた人たち   第32回三多摩偲ぶ会のために  1999.10
8 スラヴァにおくる歌(抄)    (「稜線」 66)
9 「神の国」考  (「民主文学」2001.2月号)
10 鼠 考    (「稜線」)
11 九〇歳と八八歳と ─沼田秀郷・睦子夫妻の詩画集『追憶』に寄せて 「民主文学」1995.2
12 点滴の歌   「詩人会議」1999.12
13 きみは反抗を生きた─ランボオ    「詩人会議」1997.1新年作品特集
14 小さなひとつの恋物語    「稜線」1996.5
15 旅支度      「詩人会議」1997.6
16 わたしの選んで愛した詩人たち    「詩人会議」2001.1
17 組詩 ピカソ  1999.9
18 恐竜ティラノザウルスが    「詩人会議」2002.1
19 あの男とこの男と ─ゴーシュロン『不寝番』への返歌   「民主文学」2003.4
20 死なない死者 市川正一同志は還ってくる   「赤旗」 1995.4.19
21 泣いてる男は    「橋」四〇号 『老いたるオルフェの歌』

C. パソコン印刷したもの
1 百の愛のソネット パブロ・ネルーダ
2 涙の教え
3 未来にも似た国で     「稜線」1995.4
4 きみの死から
5 きみは朝の光となった
6 妻の死
7 わたしの不幸は
8 ランボオに
9 もうひとつのわたしの書斎       「稜線」1995.12
10 めくるめきを歌いたい
11 ちんぷんかんぷんを
12 アジアは見た      「詩人会議」1996.5
13 戦争の古傷
14 虫けらのように殺された人たち
15 一九四〇年の若者たち
16 蝉
17 川の岸べに
18 よみがえるために
19 きみといっしょに
20 フランスの平和行進 オラドゥールについて

D. (追加)ワードプロセッサで印刷したもの(1995年)
1 序 1995
2 わたしもきのうは若者だった 1995.6 (稜線)
3 四角い額ぶちのなかの 1995.6
4 わたしの川も 1995.5
5 おとぎ話の豆の木のように 1995.6
6 一九九一年六月二四日から 1993.1.5
7 紅い花 1995.5
8 鳥の歌 1995.5
9 いつか嗚咽も 1995.6
10 森の歌 1995.5
11 小さなひとつの恋物語 (稜線)
12 涙の教え 1995.2.20
13 今野大力 没後六〇年に   1995.6
14 きみもきのうは  1995
きみは立っていた
                        大島博光

きみは立っていた 千曲川の土手の
野あざみのなかに 五月のなかに
おお永遠の春の日よ 生の日よ

きみは立っている バラの頬をして
わたしの記憶のなかに 眼のなかに
きみの写真はもう 黄色くなったが

もう涙も涸れた 悲しみも消えた
いまは心静かに きみの愛を歌おう

わたしの心臓は 老いて弱よわしいが
まだ脈搏っている 血を送り出している
生きているかぎり わたしは歌おう
わたしを生きさせてくれた愛の歌を

死の手から きみを奪いとるため
あかずにわたしは きみをうたおう
死から たたかいとった 生の歌を

死でさえ わたしの記憶のなかから
きみを奪いさることはできない

忘却もまた わたしの歌のなかから
きみを消しさることはできない

(「大島博光詩集」草稿)



朝はやってくる
                       大島博光

朝はやってくる きみのひとみに
あけぼのの ひかりをともしに

まひるはやってくる 燃える燃えろ
きみは 白熱の鋼(はがね)となって燃えろ

夜はやってくる その闇のなかに
きみの黒髪を のみこむために

  <〇二年四月三〇日夜 夢のなかで作った詩>

(「大島博光詩集」草稿)



きみの声は
                           大島博光

ふっと 途絶えてしまった きみの声は
あんなにわたしを励ましてくれたきみの声は

はたと 止んでしまった きみの風は
わたしの埋もれ火を吹き起してくれたきみの風は

ぷっつりと 切れてしまった ヴィオラの弦(いと)は
あんなにわたしの夜を顫わせてくれた音楽は

もう 遠い空から聞こえて来ない きみのこだまは
わたしの叫びにうなづいてくれたきみの合図は

もう黙りこんでしまったのか きみのソプラノは
いっしょに歌い 響き合い 和音となった高音部は

もう二度と 聞こえては来ないのか きみの歌は
あんなにわたしを生きさせてくれた鳥の歌は

もう 涸れてしまったのか きみの泉は
わたしののどをうるおしてくれたきみのしみずは

いまも空遠く わたしはなおも耳かたむける
きみの風がまたそよいで吹いて来はしないかと

春先の沈丁花の香りをあたりにただよわせて
消えることのない希望のように 期待のように

               一九九六年十一月

(「大島博光詩集」草稿)