信州の自然

ここでは、「信州の自然」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


びんぐし
信州・坂城町にある日帰り温泉「びんぐし湯さん館」、露天風呂からの眺望が気持ちいいです。

びんぐし
眼下に千曲川と坂城の街、背景は北国街道を守る山々。

びんぐし
右手の山が狐落城になります。

びんぐし
地図
この温泉はびんぐしの里公園の一部になっているようです。

公園
高台から下って行くと、整備された公園がありました。

公園
平和な平和なびんぐしの里(11月12日撮影)

千曲川
三水城(さみずじょう=長野県坂城町)からの千曲川の眺望が素晴らしいという新聞記事(11月6日信濃毎日一面コラム)にひかれて遊びがてらに山城ハイキング。

狐落城
県道からすぐのところに登山口があり、とてもイージー。

狐落城
5分ほど歩いて十六夜(いざよい)観月殿に。

観月殿
ここで芭蕉が「十六夜もまだ更科の郡かな」と詠んだという

狐落城
ここからでも千曲川の眺望が十分楽しめます

狐落城
たくさん並んだ句碑

狐落城
ロープ
急坂に足をとられる落葉かな? ロープのおかげで無事頂上へ。休み休みで所要時間30分ほど。

狐落城
狐落城跡。狐も落ちる急坂にある城という説も。
戦国時代、村上氏の支城であったが、武田信玄の攻略を受けて小島兄弟が討ち死にして陥落、村上義清は本城=葛尾城を捨てて北へ逃れ、上杉謙信に頼ることとなった。

狐落城
上下2面の敷地があり、下は10メートル平米ほど。

狐落城
上ももう少し広い程度。これでは大勢の兵力を収容できません。
この先40分で三水城。日が暮れそうなので今日はあきらめます。

狐落城
山の実や 兵どもが 夢の跡

狐落城
千曲川の上流を望む。奥が上田市、手前が坂城町、間に鼠橋がかかる。

狐落城
千曲川の下流を望む。黄色い橋の向こう側にさかきバラ公園。下流すぐに上山田温泉があります。

狐落城
樹々の間から見える「びんぐし湯さん館」、ここの露天風呂からの眺望も気持ちいいですが、千曲川は遠くなります。

狐落城
再び十六夜観月殿

狐落城
向かいの山に十夜の月が昇っていました。

信毎コラム
(信濃毎日新聞)

軽井沢

碓氷峠の山々が美しく黄葉。

碓氷峠
碓氷峠
碓氷峠
浅間

浅間山の山腹も赤っぽく色づいて素晴らしい。

小諸

気持ち良さそうな丘の上の小諸美術館。
浅間山
雄大な雪の浅間山

ゲレンデ
軽井沢プリンスホテル スキー場からの眺望が素晴らしい。

軽井沢
軽井沢ガーデンモールの夕暮れ
赤坂橋
台風が去ったあと大水になり、千曲川の広い河川敷が飲み込まれてしまいました。

大水
大水
取り残された人が救助されると拍手があがりました。

大水
下流の広い畑も水没

大水
長イモや桃の畑も被害に。

大水
本流は矢のように早い流れになっていて怖いほどです。

大水
赤坂橋と飯綱山

大水

子供時代、大水の後のたまり水に鮒などの小魚が沢山取り残され、弟といっしょに夢中になって獲った楽しい思い出があります。
しかし、今になって千曲川の歴史を調べると、流域の村の人々には川の氾濫との闘いの歴史だったことが分かります。

雪
雪のない信州の里が一夜にして雪景色に変貌。
雪
降りしきる雪につつまれ、静かな一日になりました。
雪

まわりの山々が色づいてきて、秋の深まりを感じさせます。

山
妻女山と長いもの紅葉
紅葉
紅葉
紅葉
グランデ・アモーレ(大きな愛)
山田牧場
空気が澄んでいて北アルプスがくっきり。
山田牧場
山田牧場のスキー場、子供の頃一度きたことがあります。須坂か小布施から車で1時間足らずで来れます。
山田牧場
松川
小布施入り口の松川橋から飯縄山を望む。学生の頃、地学の実習でここを歩きました。千曲川に流れ込む松川がこのあたりをつくったという説明でした。岩松院の裏山も地学上貴重な地層だということで川崎教授が案内して講義されました。岩松院の住職の話をうかがい、スケッチしながら志賀高原から白根山まで歩いて勉強する楽しい授業でした。

山
山
奇妙山にいだかれた東条・山裾の村
[ふるさと松代の山・冬]の続きを読む
浅間山
上信越道で碓氷峠をこえ、佐久に入ると噴煙をたなびかせる雄大な山容が。冬になって雪が全体を覆う姿も素晴らしいが。
[晩秋の浅間山と上信越道]の続きを読む
松川渓谷
山田温泉の松川渓谷まで軽井沢から浅間白根火山ルートで行ってみました
[松川渓谷の紅葉]の続きを読む