松代の人々

ここでは、「松代の人々」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


 おれんとこの細胞

きょうはひとつ、おれんとこの細胞をヒロしよう。
なんしろ、この古くさいむかしの城下町、奥さんたちの井戸端会議にさえ、まだ家柄だの、血すじだのと、いまだに古い過去の影、封建の亡霊が尾をひいている城下町。だがここにもこんど、細胞ができたんだ。それでうれしくてたまらんから、ヒロをするというわけだ。
まず、車職人の北君がいる。まるで中共の若もののように活動するんだ。しっかりした行動的なやつだよ。年はまだ十九だが、よく本はよむ、仕事はする、そのひまん、革命のエネルギイでふくらんでいるようだ。町中にたくさんの赤旗を毎日くばってあるく。集会だの大会にはイの一番にかけつける。
かれにもただひとつ嘆きがある。それはおやじさんと二人で働いているその荷車製造にふれてのことだが、こいつが、手工業でいかんというのだ。もっと早く、近代的な機械をあやつる労働者になりたいというのだ。そうだ、北君、早く人民の近代工場をもたねばならんのだ。
北君、かれはまた、とても愛嬌者で、人真似芝居がうまくて、よくみんなを笑わせる。たとえば、或る指導者の口まね手まねで、やってみせる。
「つまりですな、民主人民政府はですな、」
つぎには全テイの林君がいる。これはまた、なんでもキチンとしなければ気のすまぬ、きまじめで、責任感でこりかたまったような男。
全くもって、タノモシイ同志。理論もゲンミツ、討論もセイカク、わが細胞の名議長、
このジョウダンひとついわないかれ
そのつぎに、うら若き岡村嬢がいる。詩を書いたり、うら若いながら演説はうまいもの、女性解放の尖兵だ。だがこの岡嬢、少しルーズでこまりもの、ときどきレンラクがとぎれたり、やりっぱなし、それもどうやら家庭がわるいらしい。元気をだしてくれ、岡嬢よ。
そのつぎは、山崎君。
学校出のインテリ職工。
疎開工場につとめてる。
このまた工場の組合が、全くの御用組合。
何と、この時世に山崎君のサラリーが手どり五百円。
いくらアジっても、よりつかないと思っていたら、こんど越冬資金闘争をもり立て、ぐんぐん、御用組合をきりくずし、みごとに闘争を勝ちとった。だが、学校出の山崎君、歯切れのよい東京弁はよいが、ちょっと演説が学生調でムズかしく、浮いていたという自己批判。
この田舎町の工場の中にも、山崎君の音頭で『インター』が高らかに鳴り響ひびいたのだ!

   (ノート1946年)

桜堤


お花見や無電車駅で忍ぶ旅/久保田衛

 この「忍ぶ旅」をこの電車やあの駅のホーム、特色ある階段施設を指しているだけではない。私にとって屋代線につづく電鉄の旅、何時・誰と・どこへを含めた心の中の私の旅を偲ぶものである。
 父親の時代、学校を卒業した若者が集う『会村の青年会』は、屋代線ができたころ山内温泉宿へ研修会があったそうだ。お金持ちは、電車で。自転車を借りられる人は、自転車で、お金の無い人は歩いていった。父親は、どこのグループだったのか聞いてない。私の中学生のころ修学旅行で、須坂から発哺温泉まで歩いて行った。よくまあ歩いたものだ。家族では、高山の風景館に行った。旅館の窓に猿が遊びに来た。個人としては、松代町に住んで、須坂まで電車で通った。共に通った電車仲間と今も交際がある。今、誰もいない松代の駅にいると、共に行った人達の姿が懐かしく思い出される。

松代路線廃線を詠う/久保田衛

踏切の警報鳴らぬ四月馬鹿
花冷えや新婚想う温き朝
惜しまれて最後の秋を潜りおり
胸中にシュプール残してラストラン
愛称はマッコウクジラ春何処
哀愁を己に聞かせる春の雨

久保田衛俳句

(『狼煙』69号 2012年5月)
『松代電車』
                     久保田 衛

 昨年『阪急電車』という本が有名になった。車中の会話が面白く、若者たちの人間模様がリアルに描かれている。それが映画化されたと聞く。そこで、近く廃線が決まった長野電鉄の河東線に乗ってみた。屋代駅から数人の女子高校生と病院帰りらしい老婆、大きなカメラを持った取材記者風の男が乗っていた。「小鳥電車」という名があるようにこの日も「シジュウカラ」「カンコ鳥」であった。
 次にふたりの孫を連れて松代から須坂へ乗った。同じように孫を連れた老婦人、子供連れのお母さん、携帯を楽しんでいる数人の男女が乗っていた。これも何事もなく阪急電車にはならなかった。
 松代に、私が通う喫茶店がある。駅名は『象庵』、この駅で最近、石坂さんという老人に会った。彼は玄関の横にある喫煙席で、忙しそうにパンを食べコーヒーを飲み、愛煙家らしくうまそうにセブンスターを続けて三本を吸って帰った。うらやましい健啖ぶりであった。しかも、若いころ車のセールスをしていたと言うだけあって、3ナンバーの車を上手に操って行った。
 今日も石坂さんは、喫煙席にいた。日曜日は観光客が多く、途切れることのない人の流れを『車窓の景色』を見るように楽しんでいた。私も同席した。
 目の前の象山の緑が眩しく光っていた。「この緑が良いね。」「緑が美味しいね。」同じことを言い合って山の風光を味わった。突然、娘たちの一団が「目の前の小川の流れる風情ある城下町の道を自転車に乗りながらハスキーな声を発していった。石坂さんは、膝を叩きながら「はちきれる若さが良いね。」と嬉しそうに私を見た。「こちらまで若くなりますね。」と私も賛成する。石坂さんはタバコを吹かしながら言った。
「娘たちの自転車姿って浮き浮きするな。」「絵になります」と私。
 また、前を行く観光客の列を見ながら「自然はたいしたものだね。男半分、女半分とよく造ったもんだ。」と言う石坂さんに、私が「こうして見ていると、老人が多いですね。老人ばかりで日本もおかしくなりますね。」と振ってみた。石坂さんは、「そうだ、このごろ男が元気ねーからな。昔は車も二・三年で乗り換えたもんだが、今の若い奴は、車もいらねーなんて言う奴もいる。これじゃー子どもが出来ないというもんだ。」
 そんな話をしていると、向こうから大きなオナカを抱えた婦人が歩いて来た。初夏の陽光を背に歩いて来た。胸・腹・太ももがはちきれそうで、命のエネルギーが伝わってきた。神々しい姿で、武家屋敷の周りを圧していた。
石坂さんは私の左手を叩きながら、「良いねー」と唸った。
私は驚いて石坂さんの顔を見た。目は輝いたままずっと婦人の後を追っていた。
私は、聞きたかった。
「本当に八十八歳なんですか。」

(『狼煙』67号 2011年9月)
清野秋祭りの子ども御輿
27日、大島博光記念館前を笛と太鼓の一団が通り過ぎました。
あわててデジカメ片手に追いかけると、清野の秋祭りの子ども御輿でした。
今年新築の家の前で、おばあさんからご祝儀をもらって、わーしょいわーっしょいと御輿を持ち上げ元気な声をひびかせました。
子どもの数が減る中ですが、がんばっていました。
中沢
いつもレストランはなやに沢山のお花を届けて下さる中沢さん。
[花農家の中沢さん]の続きを読む
婦人会
20日午前中に松代婦人会の歩こう会の皆さん19名が来館されました。
「友よ 友よ・・・」の詩は松代を愛する人たちには特別強い感動を持ってうけとめられます。
今日の皆さんもしっかりうなずいてきいてくださいました。
 参加者の中に、博光さんの甥に当たる大島稔夫人のお顔もありました。
「詩集」葉書を買い求められる方もあり、「いい場所ができた。また来ます」と笑顔ではなやの昼食会へと向かわれました。
はいく
松鞠俳句会の皆さんが清滝に集まり、詩と歌と踊りのつどいのために句を詠みました。

[松鞠俳句会の皆さんが清滝で詠む会]の続きを読む
大島豊さんご一家がお母様(大島稔さん夫人)、奥様のご両親と来館され、見学のあとレストランはなやで食事されました。大富
大富
昨夜のコンサートに出演したソプラノ歌手 竹内直美さんがマネジャーの伴さんとお越し下さいました。
naomi

コンサートの相談をしました。
個人的にはフィガロの結婚のアリアをナマで聞けたら最高です!
naimi
記念撮影080817
冨沢さんがご一家で来館。「鳩の歌」を朗読したあと、戦争の体験を話して下さいました。