FC2ブログ

光の種子まく合唱団

ここでは、「光の種子まく合唱団」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。






韓国の有名な童謡「半月」を歌う光の種子まく合唱団


実


光の種子まく合唱団が歌う「おくりもの」

ぼくの歌きいてよ 君におくるおくりもの
ぼくの歌きいてよ 手渡すものは何もないから
 みどりの風にくるんで ぼくの歌をおくろう
 洗いたての心を 君におくろう

ぼくの目をのぞいて 君におくるおくりもの
ぼくのこの目をのぞいて あたたかい涙わけてくれたね
 ぼくの目にうつした 青い空をおくろう
 くもりのない心を 君におくろう

ぼくと手をつないで 君におくるおくりもの
ぼくと手をつないで 手のひらのぬくもり信じたいから
 太陽の光まぶして ぼくの両手をおくろう
 共に生きるよろこび 君におくろう

作詞 石黒真知子  作曲 林 学

赤い実


光の種子まく合唱団が歌う「川の流れのように」

ああ 川の流れのように おだやかに
この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように いつまでも
青いせせらぎを 聞きながら

川


光の種子まく合唱団が「霜月の午後」を歌いました。

バス通りの並木が赤く染まった
イチ・ニ・サンと数える
次を忘れたら繰り返せばいい
イチ・ニ・サンと何度でも
*奥様お手をどうぞ 
 奥様お手をどうぞ
 50年ぶりに手を手をつなぐ
 命の揺らぎを受け止める
 ……

(作詞 石黒真知子  作曲 林 学)

紅葉



光の種子まく合唱団が歌いました。

夕ぐれ