FC2ブログ

草稿『武蔵野詩集』

ここでは、「草稿『武蔵野詩集』」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。




山は俺達



(『武蔵野詩集』原稿集)

森




めぐみ
(『武蔵野詩集』原稿集)


すいせん




風に
(『武蔵野詩集』原稿集)

風に





春はもう


(『武蔵野詩集』原稿集)

花







バスの停留所で



(「武蔵野詩集」草稿)

夕ぐれ



小河内谷の(下)


ダム





[小河内谷のじじいが歌(下)]の続きを読む
小見山量平が所蔵していた『武蔵野詩集』草稿の一篇「小河内谷のじじいが歌」(こばやし・つねお)。奥多摩の小河内(おごうち)ダムが米軍基地建設のために作られたこと、反対運動の支援に入った山村工作隊の若者たちの活動の様子が古老の口を通して歌われていて興味がひかれます。

小河内谷の

ダム




無題


(『武蔵野詩集』

ドーデ




夜の裏通り


(『武蔵野詩集』)

街




看護婦さん


(「武蔵野詩集」)

バラ


「武蔵野詩集」の作品には府中病院「群灯」詩話会、村山病院どんぐり会、清瀬病院といった書き手の所属を記したものがあります。入院療養中の人たちが病院内の詩のサークルに参加して意欲的に書いていたのですね。


ベットにて


(「武蔵野詩集」)

スタンド






夜明けのために.



(「武蔵野詩集」)

紅葉

 「武蔵野詩集」には病院の詩のサークルがいくつか参加していて、入院生活をテーマにした詩がかなりあります。
早く良くなってみんなと一緒に働きたい、活動したい、というのが最大の願いですね。


あなたったいの



(「武蔵野詩集」)

彫像


脱柵


(『武蔵野詩集』原稿集)

土間

 「武蔵野詩集」にはメーデー事件を歌った詩が4篇あります。末次正寛「壁」、山路源兵衛「石」、さき・かづ子「私は信じる 強いあなたを」と、きいれまこと「52年のメーデー」です。血のメーデーで殺された仲間を悼んでいます。

52年のメーデー


(『武蔵野詩集』原稿)

集会