神野優子・宮林陽子 ヴァイオリンコンサート

ここでは、「神野優子・宮林陽子 ヴァイオリンコンサート」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


成功させる会

毎年初夏に行っている神野・宮林ヴァイオリンコンサート
今年は6月17日(土)に松代文化ホールで開催します。
ショスタコーヴィッチの小品やロシア民謡は初めての演奏、
早川正昭氏のバロック風「日本の四季」は今回のために作られた曲です。

成功させる会

コンサートを成功させる会の初会合が開かれ、
会長に今井先生、事務局長に玉木さんが就きました。

成功させる会

美しいヴァイオリン演奏を多くの皆様に聴いていただくために
広く宣伝していくことを決めました。

神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサート(2013年7月13日、松代文化ホール)で演奏。ピアノは 中川真由美さん。







コンサート

2013年7月13日、松代文化ホールにて。ピアノ中川真由美さん


バラ園にて




2013年7月13日、松代文化ホールにて。

ヴァイオリン3人
ピアノの中川真由美さんと神野優子さん(左)・宮林陽子さん(右)。記念館でリハーサルのあと。


ヴァイオリンコンサートの4曲目はドボルザーク「スラブ舞曲10番」

バラ



コンサートの3曲目が「赤いサラファン」。最後はコサック民謡の軽快な曲で終わります。

演奏

神野優子さん、宮林陽子さんのコンサート2番めがユモレスク。ユモレスクといえば映画「ノンちゃん雲に乗る」で鰐淵晴子が演奏するシーンが思い浮かびます。曲も美しかったが、少女の鰐淵晴子がステキでした。

演奏会


コンサート

7月10日に松代で行われた神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサートで、バッハのメヌエットを演奏。


お二人がヴァイオリンを学び初めたころに弾いた懐かしい曲だそうです。涙の出るような美しい曲、演奏も素晴らしいです。



昨年7月12日、神野優子・宮林陽子ヴァイオリンデュオコンサー­ト~パリ祭によせて~で演奏された「枯葉」。改めて聴くと歌うたうように感情のこもった素晴らしい演奏です。

ヴァイオリンコンサート

7月12日に行われた神野優子・宮林陽子ヴァイオリンデュオコンサートで、「精霊の踊り」を演奏。



あじさい白
7月12日に行われた神野優子・宮林陽子ヴァイオリンデュオコンサートで、楽しく「メリーウィドウ」を演奏。



百合

宮林コンサート

神野優子さん宮林陽子さんのヴァイオリンがよく響き、生演奏の醍醐味を堪能!
パリ祭にちなんでシャンソンからサティ「あなたがほしい」(Je te veux)。楽しくてウキウキしてきますね。

2014年6月、神野優子・宮林陽子 ヴァイオリンコンサートで演奏された「中山晋平のうた」。ゴンドラの唄、カチューシャの唄、砂山、あの町この町、あめふり、雨降りお月、てるてる坊主、シャボン玉、兎のダンス、証城寺の狸囃子を大曾根宏範さんが編曲したもの。



懐かしく美しい日本のメロディーに魅了。「証城寺のタヌキばやし」は2台のヴァイオリンによる掛け合いがとても楽しく、感嘆の声につつまれました。

聴衆


白いばら

ヴァイオリンコンサート

<神野優子・宮林陽子 ヴァイオリン コンサート(2014年6月15日 レストランはなや)から>
神野優子・宮林陽子ヴァイオリンコンサートでチャイコフスキー「くるみ割り人形」より「花のワルツ」を演奏(6月15日)


バラ祭り
バラ祭り
バラ祭り
バラ祭り
バラ祭り