FC2ブログ

新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』

ここでは、「新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。






我が兄弟たちに


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)


海




革命は敗れた


 ルイズ・ミシェルは、ヴィクトル・ユゴーが歌ったように、まさに「男まさり」の不屈な勇気の模範であったばかりでなく、彼女はまた人類の未来にたいして熱烈な信頼をもちつづけた点においても模範であった。
 彼女は、その生涯に多くの詩を書いたが、たび重なる家宅捜索のために、ほとんどが紛失してしまった。 
 この情熱的な、自然成長的な、生まれながらの革命家ルイズ・ミシェルの詩には、つねに彼女の主観的な情感や、ロマンティックな感情や、敵にたいする復讐の念などが顫えている。復讐する幽霊というモティーフは、革命的ロマンティスムにみちた詩句によって、再三うたわれている。

(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

彫像




ルイズ・ミシェル

(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

ポピー




男まさりに

 ルイズ・ミシェルの流刑の宣告の翌日、一八七一年十二月、ヴィクトル・ユゴーは、『男まさりに』という讃歌をルイズに書き贈った。しかし、ルイズがこの詩を読んだのは、十七年ものちの、一八八八年であった。ユゴーの讃歌は、きわめて調子の高いものである。

 ルイズは、ニューカレドニア島に八年の流刑を科せられる。流刑を終わって故国に帰るや、彼女はふたたびその筆と声とをもって闘争を始め、示威運動の先頭に立った。 彼女は、人民からは尊敬され、ブルジョアからは憎悪される象徴的な人物となる。しかし、彼女の政治的思想は、依然として矛盾にみちたものであった。 彼女はふたたび投獄され、一九〇五年、この「コミューンの赤い処女」は、その任務を果たして死んだ。
 詩人アシル・ル・ロワは、つぎのような詩で、ルイズを讃えている。
(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

ルイズ




ジャンヌ・マリー

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

パリ・コミューン




パリの女たち3


<『ジャンヌ・マリーの手』へつづく>

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』)

写真




パリの


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

女




パリのどんちゃん騒ぎ


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)


女





パリ

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

パリ




インた


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

赤バラ




インタナショナル



(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

写真



[『インタナショナル』が書かれる(中)]の続きを読む



インラー


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

写真



やグレ去った



<「インタナショナルが書かれる」へつづく>

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

棺桶




銃殺大尉


<「血の週間」へつづく>
(『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

パリ・コミューン




プロレタリアの歌


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』)

鳥