新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』

ここでは、「新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。




男まさりに

 ルイズ・ミシェルの流刑の宣告の翌日、一八七一年十二月、ヴィクトル・ユゴーは、『男まさりに』という讃歌をルイズに書き贈った。しかし、ルイズがこの詩を読んだのは、十七年ものちの、一八八八年であった。ユゴーの讃歌は、きわめて調子の高いものである。

 ルイズは、ニューカレドニア島に八年の流刑を科せられる。流刑を終わって故国に帰るや、彼女はふたたびその筆と声とをもって闘争を始め、示威運動の先頭に立った。 彼女は、人民からは尊敬され、ブルジョアからは憎悪される象徴的な人物となる。しかし、彼女の政治的思想は、依然として矛盾にみちたものであった。 彼女はふたたび投獄され、一九〇五年、この「コミューンの赤い処女」は、その任務を果たして死んだ。
 詩人アシル・ル・ロワは、つぎのような詩で、ルイズを讃えている。
(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

ルイズ




ジャンヌ・マリー

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

パリ・コミューン




パリの女たち3


<『ジャンヌ・マリーの手』へつづく>

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』)

写真




パリの


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

女




パリのどんちゃん騒ぎ


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)


女





パリ

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

パリ




インた


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

赤バラ




インタナショナル



(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

写真



[『インタナショナル』が書かれる(中)]の続きを読む



インラー


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

写真



やグレ去った



<「インタナショナルが書かれる」へつづく>

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

棺桶




銃殺大尉


<「血の週間」へつづく>
(『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

パリ・コミューン




プロレタリアの歌


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』)

鳥



友よ手を結ぼう


 詩人たちもまた、ヴェルサイユ軍の兵隊たちに、三月十八日のように、人民の側に寝返って、協力するように呼びかけ、あるいは、地方のひとたちに、パリを支援するように訴える。

(『パリ・コミューンの詩人たち』)

コミューン


*テキスト




共和連合

(『パリ・コミューンの詩人たち』)

パリ・コミューン


 誠実で、寛大で、お人好しのコミューンがぐずぐずしているあいだに、ティエールとヴェルサイユ政府は、コミューンを圧しつぶすために、陰険で、憎悪にみちた準備を着々とすすめていた。四月一日、ティエールは全国の知事や師団長や警務部長にあてて打電した。
 「パリでは、コミューンはすでに分裂し、いたる所にデマをまき散らし、公金を奪って濫費し、無能で動揺している。コミューンを忌み嫌うパリ市民は、一日も早く解放されることを待ち望んでいる。
 政府のまわりに結集した国民議会は、平穏裡にヴェルサイユで開会中である。ヴュルサイユには、フランスがかつてもった、もっとも立派な軍隊の一つが組織を完了している。」
 やがて労働者のパリに襲いかかる、この’立派’な軍隊は、ビスマルクの援助によるものであった。ビスマルクは、休戦条約の条項を破って、捕虜にしていたフランス兵をティエールに返してやる。四万に制限されていたパリの軍隊──ヴェルサイユ軍は十万を突破する。
 (第二次大戦においても、ヒトラーは多くの捕虜を、売国奴ペタンのもとに返してやった。返された捕虜たちは、ペタンの手先となって、レジスタンスの愛国者たちを追及し、弾圧する役割をひきうけたのである。)

 こうして四月二日、ヴェルサイユ軍のパリ進撃は、その火ぶたを切っておとし、フランスのブルジョアジーは、フランス人民にたいして、史上まれにみる残虐な弾圧戦争を始めたのである。とりわけ、五月二十二日から二十八日にいたる最後の七日間は、「血の週間」として知られている。パリケードの上で大量虐殺がおこなわれ、コミューンの多数の連盟兵(フェデレ)たちが銃殺されたペール・ラシェーズ墓地の壁は、「連盟兵(フェデレ)の壁」として有名である。
(この項おわり)

(『パリ・コミューンの詩人たち』)

あまバラ