フランス・レジスタンス詞華集

ここでは、「フランス・レジスタンス詞華集」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。




黒い季節1


黒い季節



(『詩人会議』1977年3月)

夜 


[黒い季節(一九四四年 フレーヌの牢獄にて)]の続きを読む
新運載 フランス・レジスタンスの詩(1)

ラーベンス・ブリュックの受難
                  ミシュリーヌ・モーレル 大島博光·訳

(ミシュリーヌ・モーレルは、一九四三年六月一九日、ドイツ軍に逮捕され、一九四三年八月二九日、ラーベンス・ブリュックに連行された。一九四五年五月二二日、彼女は祖国に送還された。)

(一九五○年 復活祭前の月曜日 ヨハン・セバスチアン・バッハの『マタイ受難曲』を聞いたのちに)

おお神さま わたしはひと言 申しあげたいのです
もしもそれが 聞くに堪えがたいものでしたら
おゆるしください
なぜなら これからわたしがおはなしすることは
ほんとに堪えがたいことだったのです

「イエスの受難」をききました
イエスは 数日 苦しんで 死にました
それ以来 イエスはもう苦しまないのです

ではお話しましょう
女たちの話です
そこには 男たちもいましたが
でも わたしは 女たちの話をいたしましょう
女たちの方をいちばんよく知っているからです

女たちは 数千人もいました
みんなめいめい事情がちがっていました

わたしが 彼女たちを知ったとき
彼女たちは みんな辱かしめられ なぐられ
頭や顔や からだじゅう ぶたれて
とうとう血を流し
髪の毛は 手で鷲づかみにされて引き抜かれ
手は ねじ曲げられて
ときには 燃えてる火で焼かれさえしたのです

この女たちは きっと
神さまの娘ではなく
マリア様の子供たちでもなかったのです
彼女たちは「神の王国」に賭けずに
じぶんの祖国や党のために働き
また 彼女たちの夫のために働いたのです
彼女たちは 男友達を助け
人びとのことを考え 彼らのために働いたのです
人びとは責任を負わず 手をこまねいていました
そうして彼女たちは 数ヶ月来年獄にぶちこまれ
母親や兄弟から遠くはなれ
子供や夫から遠くはなれて
牢獄のなかにいたのです
もう数ケ月も前から

兵隊どもがやってきて
彼女たちを呼び集めて 外へ出し
駅の方に 羊の群のように追いやり
家畜用の貨車のなかに 押し込みました
貨車は 北の方にむかって
まる二日も 三日の余も 走りつづけたのです
立ったまま すし詰めにされた 女たちを乗せて
水もパンもなく 空気も変えられず
若い女も 老婆も 病人も 妊婦もいました
あんまりぎゅうぎゅう 詰めこまれたので
いくたりかはもう 貨車のなかで死んでしまいました
死体は ほかのものといっしょに
まだ苦しみに耐えている 生きている女たちの足もとに
そのまま放って置かれました

やっと貨車がとまって 開けられると
女たちは おろされました
兵隊は 彼女たちの顔をひっぱたき
雑言を浴びせて 辱かしめ
鞄や 仲間の死体を背負った女たちを
鞭をふるって 路上に追いやりました
彼女たちは 石につまずいてよろめき
大勢のものが倒れました

こうして 女たちはラーベンスブリュックという処に着いたのです
巨きな玄関が 彼女たちの前に口を開けていました
彼女たちは 五列になって中にはいり
最後の列がはいり終わると 扉は閉ざされ
もう二度と ひらかれなかったのです

死んだ女たちは 焼かれました
生きてる女たちは ひどい言葉でからかわれ ののしられ
服をはぎとられ 髪を短く刈られて
別人のように 着換えさせられたのです
それから 女たちは 仕事に駆りたてられました
土を掘ったり 壁を築いたり
石をはこんだり 梁(はり)をはこんだり
十二時間ぶっとおしで

女たちは 悪口を浴び ひっぱたかれました
シャベルでぶたれ 石でなぐられ
長靴でぶたれ むちでひっぱたかれ

彼女たちが 働くのをやめようものなら
看守たちは 彼女たちに犬をけしかけたのです
この女たちは 食卓につくことは一度もなかったのです
毎日 水っぽいスープ二杯と ひと切れのパンと
それだけでした

この女たちは 火にあたって 暖をとることもなかったのです
いつも 外で 働いていたからです
あるいは 懲罰をうけて
何時間ものあいだ 靴もはかず
外套(マント)もなしに じっと立っていたのです

そしてラーべンスブリュックは ガリラヤにあるのではなく
北ドイツにあるのです
女たちが病気になっても
癒(いや)してくれるものは誰もいませんでした
中風にかかった女たちは ガス室に送られて焼かれ
死んだ女たちも 焼かれました

そして死ななかった女たちは
十二時間ぶっとおしに 働きつづけたのです
傷だらけ 汚物だらけで
毎日 怒鳴られ ひっぱたかれ
一日に 何回もぶっ倒れながら

毎日 多くの女が死にました
すると ほかの女たちが 死んだ女から服をはぎとり
死体を かまどまで運びました
そんなことが三時間や三日や四十日間ではなく
何ケ月も何年もつづいたのです
そして数年……

とうとう 兵隊が 死ななかった女たちを
釈放しにやってきました
その兵隊どもは 女たちを手ごめにして犯したのです

それから わずかばかりのパンをあたえて
女たちを祖国へ送り還えしました

女たちが帰ってみると 祖国は荒れはてていました
家家は崩れ 落ち空っぽになり
子供たちは散りぢりになったり 死んだり
冷淡になっていたり
夫たちは ほかの女といっしょになっていました
夫は 彼女たちを追いはらったり 見捨てたのです
こうして 祖国においても 異国においても
この女たちがもっていたものといえば
自分の病んだ体と 弱さと 記憶だったのです

聖金曜日の九時に
イエスは死んでもう苦しみはないのです

しかしこの女たちは 神さま
きょうもまだ 苦しんでいるのです
いまなお飢えに苦しみ 寒さに顫え
捨てられて 泣いているのです

この女たちは 神さま あなたの前にひざまずいて
あなたの右側に座っている
栄光にかがやくイエスを見つめています

そうしてこの女たちは イエスがあなたに叫んだと
おんなじことばを叫ぶのです
神さま なぜにわたしをお見捨てになるのです?

これが わたしの申しあげたかったことです
神さま

(『詩学』〈フランス・レジスタンスの詩〉1975年2月)

たんぽぽ




  祖 国
               フランソワ・ケレル
               大島博光訳

もしもきようわたしが歌うとすれば それは祖国のこと
祖国のくるしみとわたしの心とは おなじ生地から成る
なんと長いことわたしは抱いてきたことか オラドウルの嘆きを
手足をもぎとられたわがフランスよ おまえの姿を
焼きはらわれた祖国の叫びに わたしはこたえる
わたしの青春は愛のことばで おまえに語りかけるのだ

ほんの子供の身で わたしは戦火にくるしめられてきた
ほんの子供の身で わたしはおまえの地獄への道を生きぬいてきた
みなしごとも知らずに わたしは生れ家をはなれ去った
わたしの悲しみは おまえの涙の一部分でしかなかった

わたしは灌木を植えかえ おまえの武器を手にとった
裏切りには血でうち勝たねばならなかったのだ

負傷者のような国よ その傷がとざすとき
わたしは思い出す おまえの梁窓(はりまど)に射すあかつきを
おお 糸杉の林の奥の 武装した忍耐よ
パルチザンは銃を肩に見張りした
防波堤のように おまえをふせぐ希望にもえて
村々の女たちは 彼らにパンをはこんだ

ああ わたしの声は おまえの小枝の一つにすぎなかろう
たとえおのれを語ろうと それはおまえを愛すると告げるため
この二つのことばを言いさえすれば わたしにはもう言うことはない
おお フランスよ ほこらかな たくましいおまえを
脅威のもとにもなお脈うつ おまえの心臓を
もしもこの詩が歌わぬなら それはわたしのねがう詩ではない

もしもきようわたしが歌うとすれば それは祖国のこと
未来とわたしのこころとは おなじ生地から成る
人類のくるしみの 永遠の母語であり
太陽であり 全体である わが祖国よ
フランスはひとつの道なのだ いつもいつも
友愛をになうひとびとへ通ずる道なのだ
(「ラ・ネーヴェル・クリティク」五四・八月号より抄訳)

   (角笛 No.12 1955.1)

角笛


 戦争をにくんだこの心臓が
                        ピエール・アンディエ 大島博光訳

戦争をにくんだ この心臓が いま 闘争のため 戦闘のために 高鳴るのだ
みちひく潮のように めぐる季節のように いれかわる夜と昼のように
 ひびきよく脈うっていたこの心臓が
いま ふくれあがり 怒りと憎しみに燃えあがる血を 血管におくりこみ
あたまのなかに 耳鳴りのような音をたてるのだ
そうして その音は 町に野に ひろがってゆくのだ
蜂起とたたかいを呼びかける半鐘のように
みんなきくがいい おれもきくんだ こだましてもどってくる その音を
いやちがう それはおれの心臓のように フランスじゅうで脈うつ
 ほかのひとたちの 千万のひとたちの 心臓の音なのだ
千万の心臓が おなじリズムで おなじたたかいのために 脈うっているのだ
断崖にうちよせ ぶつかる波の音のように
そうして 千万のひとたちは 高鳴る血に ただひとつの合言葉をきくのだ
ヒトラーに抵抗せよ ファシストどもをやっつけろ!
しかも 戦争をにくみ 季節のように脈うっていた この心臓が
 古い怒りをよびさますためには
ただひとつ 自由ということばでことたりるのだ
千万のフランス人が まぢかい夜明けのために 闇のなかで たたかい 準備しているのだ
なぜなら 戦争をにくんだ これらの心臓は 自由のためにこそ脈うったのだから
めぐる季節のように みちひく潮のように いれかわる夜と昼のように

(ガリ版印刷物、詳細不明)

戦争をにくんだこの心臓が
わたしのお友だちはみんな死に
                              エディット・トーマ

わたしのお友だちは みんな死んだり
牢獄のなかに 投げこまれている
わたしだけ 祖国の港から遠くのがれ
水平線上には あらしが狂う
陸(おか)には あらしが狂い
海は 燃えさかる
つむじ風が まき起り
わたしを いためつける

しかも わたしの苦しみをおしかくして
わたしは 行かねばならない
大騒ぎのなかに 捨てられてしまった
勇気と にくしみを もたねばならない

けれども ほかの女たちのように
わたしも ゆすぶり あやしたいのだ
竹編みの ゆりかごのなかの
泣きぬれた 赤ん坊を

(自筆原稿 自作用紙Y)


夕空
おお フランスという名の国よ……
                             ジャン・タルデュウ

おお フランスという名の国よ
おまえは 墓穴とかわりはて
あかるい希望のしるしは
闇のなかに 投げすてられた

おお 思いに沈む みじめな国よ
ひとびとの うなだれ ふせた うれい顔
みんな おしだまった 沈默のなかで
おまえは はっと じぶんに気がつく

戦争は もぎとったのだ
荒れはてた おまえの腕から
おまえの 誇りと 小麦とを

だが いまや おまえの怒りと
おまえの 最初の力とは
奪われた町々に 襲いかかるのだ

(自筆原稿 自作用紙Y)
遥かなフランス
                ジュール・シュぺルヴィエル 大島博光訳

わたしは遥かなフランスを
飢えた手で探し求める
はるか 遠くから
虚空のなかに探し求める

わたしは 悲しい影を
空なかに 手探りする
むかしの露


わたしはここでいくども
フランスを 見つけた
その刻みこまれた優しさは
やはり はてしもない

わが山やまを愛撫し
河の流れに手を濡らし
フランスを花で飾って
わたしの手は 行きつもどりつ

ああ も一度祖国を見たい
も一度わたしに山河を与えよ
神よ わがフランスの同胞に
勝利の冠を授けたまえ

祖国は どうなったのか
だが 雲のかなた遠く
祖国は 答えてはくれぬ
とりみだしたわが身ぶりにも

偉大なひとたちの影が
よぎって 通った
あの磨かれた大きな鏡
六角形のかたちをした鏡
            
(自筆原稿 S.K)