FC2ブログ

ランボオ「イルミナシオン」

ここでは、「ランボオ「イルミナシオン」」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


(2)
 ランボオはもうパリに嫌気がさしていた。ヴェルレーヌ夫妻の和解の試みのために一時シャルルヴィルに帰っていたランボオは、一八七二年五月にはまたパリに出てきてソルボンヌの近くに住んでいた。一八七二年六月の日付をもつドゥラエ宛の手紙は、その頃のランボオの暮らしぶりと仕事ぶりをよく物語っている。
 「ぼくは夏が嫌いだ。……壊疽(えそ)になりはせぬかと恐れるほどのどがかわく。アルデンヌやベルギーの河や洞穴がいまはなつかしい……いまぼくが仕事をするのは夜だ。夜中から朝の五時まで。先月いたムッシュ・プランス街のぼくの部屋は、サイ・ルイ高等中学の庭に面していた。小さな窓の下には鬱蒼と樹木が茂っていた。朝の三時には、蠟燭も蒼ざめ、小鳥たちが樹のなかで啼きだす。仕事はおしまいだ。朝まだきの、このえも言えぬひとときに浸った樹や空を、ぼくはよく見ることにしている。高等中学の寄宿舎を見ると、まだひっそりとしていた。……五時にぼくはパンを買いに降りてゆく。その時間なのだ。いたるところ労働者たちが歩いている。ぼくにとっては酒屋へ行って酔っぱらう時刻だ。それから帰って食べて、朝の七時に寝るのだ……」
 これでみると、ヴェルレーヌと連れだって、飲んだくれていたにもかかわらず、彼がきわめて勤勉に仕事をしていたことがわかる。噂にのぼっていた、二人のあいだの同性愛を思わせるような退廃の雰囲気はすこしも感じられない。この頃、「涙」「渇きの喜劇」「朝のよき想い」などが書かれている。この手紙はそのままこの「朝のよき想い」の解説ともなっている。この詩はまた、コミューヌの時代の、労働者をほめたたえた詩として、民主勢力の昂揚の象徴として、たとえばジャック・デュクロの『パリ・コミューン』(新日本出版)におけるように、しばしば引用されてもいる。

     朝のよき想い

  夏の 朝まだきの 四時
  愛の眠りは まだつづき
  夜明けの木かげにただよう
    祭りの夜の名残りの匂い

  だが向うの 広い工事場では
  ヘスペリデスの太陽にむかって
  腕まくりした 大工たちが
    もう 立ち働いている

  苔むした空地で 黙々として
  彼らは豪奢な羽目板をととのえる
  いまに都会(まち)の金持女が笑うのさ
    その偽の空の下で

  おお バビロン王の忠臣の
  この いとしい大工らのため
  心にも王冠を戴いたヴィナスよ
    しばし恋人たちから離れよ

  おお 羊飼いたちの女王よ
  労働者たちに 火酒(ロ・ド・ヴィ)をふるまえ
  彼らの力が 無事にあるように
  正午(ひる)の 海水浴を待ちながら
                     一八七二年五月

 こういう詩を読むと、「あらゆる感覚を錯乱させる」見者の詩学のため、「飲んだくれてみずから無頼の徒となる」S'encrapulerというパリでの生活が、退廃としてこの詩に反映するどころか、むしろこの詩が健康で力強いのに驚くほかはない。「ランボオの革命的モダニスムは、生ける現実から切り離された、型にはまった因襲的な詩の虚偽に根本的に対立している」というM・A・リュフの言葉は、まさにこの詩にこそふさわしいだろう。
(つづく)

新日本新書『ランボオ』

カモメ


 この(『イリュミナシオン』の冒頭の詩)「大洪水の後」という題名は、イヴ・ドゥニの注釈によれば、パリ・コミューヌの崩壊と第三共和国の成立の頃を指すという。イヴ・ドゥニは、一九六五年十一月のLa Bréche誌に発表した評論のなかでそれを論証し、ユベール・ジュアンもこの説を支持して、「ランボオの読み方」(『ウーロップ」誌一九七三年五・六月号)のなかで、それを紹介している。それはおよそつぎのようなものである。
 この「大洪水の後」という作品も、ランボオが書いたすべての作品と同じように、ある批評家たちによって形而上学的および神秘主義的なガラクタ置場と見なされている。ランボオが詩を書いて過ごした三年の時間は、パリ・コミューヌという大事件をめぐって流れたことを忘れてはならない。ランボオが語ったところのものは反抗以外のものではなかったのだ。彼が『地獄の季節』のなかで東洋について語ると、たちまち彼はヒンズー教の信徒にされてしまうのである。
 「大洪水の後」の最初の文章は、かなりはっきりと述べている。
  「大洪水の思い出がふたたび落ちつくやいなや……」
 コミューヌを現わすのに、清める大洪水というイメージほど精確で簡明なものはないであろう。それはすべてを根底から変革することが問題であったが、ランボオはさらに「生を変える」という夢をそこに託していた。彼にとって、「生を変える」とはまず、労働の品位を下げることを終らせることであった。つまり新しい労働、──屈辱感なしに働くということであった。しかしコミューヌの理想は「血の週間」に流された血の海のなかに潰えさり、ヴェルサイユのサトリ処刑場で一掃された。「ふたたび落ちついた」という言葉は、この希望の潰えさったことの重おもしさと深さをあらわしている。
  「……落ちつくやいなや、兎が一匹……虹へ祈りをあげた……」
 この「兎」は、「田舎紳士(リュラル)」の紋章であった。彼はきのうまでは震えあがっていたのに、いまは勝利したのである。(一八七一年二月、ボルドーで開かれた国民議会は「田舎紳士(リュラル)」の議会と呼ばれた。この「田舎紳士(リュラル)」の議員たちはヴィクトル・ユゴーを議会から追い出し、終始反動的であった。)こうして兎は感謝の祈りを「虹」にあげる。スザンヌ・ベルナールの注釈によれば、虹は聖書において神と大地を結びつけるしるしであるという。

 さてコミューヌの気高い思想、新しい真実、若わかしい熱狂、あれらのすばらしいものは消えうせた。つまり「宝石たちは身を隠した」のだ。そうして商売、取引がまた始まり、「屋台が立ちならんだ」。コミューヌ戦士たちは虐殺され──「青ひげ」の家で血が流れた。またコミューヌ戦士たちは、「神の印璽が窓窓を青ざめさせた曲馬場(サーカス)」で、ブルジョワどもの嘲笑する眼の前で、追いつめられ、投獄された。そして労働がふたたび始まり、「海狸(ビーバー)は家を建てた」。こうして順応主義の、退屈で愚劣な風俗がまたつづく──「マザグラン・コーヒーがカフェで湯気を立てた……」
 シャルルヴィルで、ロッシュで、ランボオはわが身の変りようを思う。きのうは一学年で七つの賞をとるような神童であったのに、きょうはもう学業を拒否する。学校がふたたびひらいた。「またびしょ濡れのガラス張りの大きな家のなかで、喪服の子供たちはすばらしい絵本に見入った……」──子供たち、……そうだ、「ひとりの子供」をのぞいて。ひとりの「子供」はむろんランボオであって、彼は自分をそういう渾名(あだな)で呼ぶのが好きだったといわれる。
  「扉が鳴った──小さな部落の広場で、ひとりの子供が腕をぐるぐる廻した……」
 退屈から脱けでるためには旅に出るほかはない。この旅への呼びかけとともに、詩のなかには見者の詩法──感覚の錯乱の適応、幻視があらわれる。
  「キャラバンは出発した。そして”荘厳ホテル”が極地の氷と夜との混沌(カオス)のなかに建てられた……」
 さて、謎めいた章句を解く鍵は、しばしば日常生活のなかに求められる。ランボオには省略したり、言葉少なに語る傾向があった。「大洪水の後」のつぎのような奇妙な文章は、神秘解明者たちにもこれを解読することはできない。
  「***夫人はピアノをアルプスに据えた……」
 この章句の説明は恐らくエルネスト・レトランジゥの伝える逸話のなかにみいだされよう。一八七五年、ランボオ夫人は息子にせがまれてピアノを借りることにした。ランボオが音楽の勉強を思い立ったのだ。当時ランボオ家が住んでいた家の一階は、ルフェーヴル運送会社の事務所になっていた。レトランジゥはそこの事務員であった。ルフェーヴル運送の労働者たちは、たいへん狭い階段を、何階も上まで、借りたピアノを運び上げねばならなかった。そこからこの章句が生まれたというわけである。
 ところで、こういう解釈にまっこうから反対する者もいる。たとえばポール・ラペイルは言う。
 「ランボオの詩への接近でも、合理的(ラショネル)な意味を優先させるような接近(アプローチ)をわれわれは信用しない。……終始一貫して作品のなかに、その源泉と自叙伝の一反映を探しもとめようとすることは、その作品の上にひとつの光を投げることになるかも知れないが、その光は芸術とは逆なものである。イヴ・ドゥニの『大洪水の後』の解釈を前にしてひとが抱くのはこういう感情である…..」Paule Lapeyre 《Le vertige de Rimbaud》一四ページ)
 これだけ読んだだけでも、この批評家の非合理主義讃美がわかろうというものである。ランボオの作品を合理的(ラショネル)に読んだり、そこにレアリスムを読みとることは、ランボオの芸術に反するというのだ。こうしてこの批評家の形而上学的なランボオ解釈が始まるのである。

(新日本新書『ランボオ』──『イリュミナシオン』について)

洪水





見切品



(『ランボオ詩集』蒼樹社 1947年)
*「イリュミナシオン」

花束


[ランボオ「見切品」]の続きを読む




放浪者


(『ランボオ詩集』蒼樹社 1947年)
*「イリュミナシオン

さし絵
ランボオからドラエへの手紙

[ランボオ「放浪者」]の続きを読む



デモクラシイ



(『ランボオ詩集』蒼樹社 1947年)
*「イリュミナシオン

小僧



[ランボオ「デモクラシイ」]の続きを読む


労働者


(『ランボウ詩集』蒼樹社 1947年)
*「イリュミナシオン」

DSCF6878裸婦 太陽
佐藤忠良「太陽」


[ランボオ「労働者」]の続きを読む
 ブラッセル 七月、ブールバール・ドゥ・レジャン。
                     アルチュール・ランボオ
            
ジュピターの心地よい宮殿まで
見渡すかぎり 鶏頭の花壇。
おれは知っている──『おまえ』はこの
 常春藤(きずた)のなかに、

そうして、薔薇と 樅(もみ)と、葛が、かれらの遊びをとりまいている、
 若い未亡人の壁
        何という鳥の群、オ、 イアイオ、 イアイオ!

静かな家、古代の情熱!
恋に狂った『狂女』のキオスク、四阿家(あずまや)、
薔薇の木の円い植込みのうしろは
ジュリエットのひどく低く、暗いバルコン、

ジュリエットはまた アンリエットと呼ぶ、
愛すべき停車場。
山の中腹にある、
 千の青い悪魔が空中で踊つている
果樹園の奥のように

緑のベンチでは、 白いアイルランドの女が
夕立の楽園で、 ギターにあわせて歌っている。

それから 南米ジアナ風な食堂では
籠の鳥と子どもたちのおしゃべり。


馬車の窓は、 おれに考えさせる
かたつむりと 黄楊(つげ)の毒を、
日なたで眠っている、

それはあまりに美しすぎる、 あまりに
     おれたちの沈默を守ろう。

       ★
──人騒ぎも商いもない並木路(ブールバール)

声もなく、 劇と喜劇、
限りもない場面の組み合わせ
おれはおまえを知り
    声なく、 黙って、おまえに見惚れる。

(ノート下書き S18)

ランボオ

あれはエジプトの舞姫か
                    アルチュール・ランボオ

あれはエジプトの舞姫か?……ほの青い明け方、
花の散るように、 消えてなくなる……

輝やかしいひろがりをまえに、
賑やかに、ぼう大に、 花やぐ都市の息吹き

美しい、 美しすぎる、 しかも必然だ、
──『女漁師』と 海賊の歌には、

そしてまた、 最後のマスクは また、
清らかな海上の、 夜の祭りを信じていたから

(ノート下書き S18)


ランボオ


出発



<『流域』26号「ランボオ断片」、イリュミナシオン

渇きの喜劇


渇きの喜劇


(『ランボオ詩集』蒼樹社 昭和23年)

神秘



(『ランボオ詩集』─イルミナシオン)

夜明け


(『ランボオ詩集』─イリュミナシオン)

 この詩は『イリュミナシオン』のなかでももっとも美しい作品のひとつとして知られている。
 自然への愛は、ランボオにおいては、情熱的で、きわめて官能的な様相をおびる。初期の「感覚」という詩で、彼は早くもこう書いている。

  そしておれは行こう 遠く 遠く 放浪者のように
 「大自然」のなかを 女といっしょのように幸福に

 この散文詩でも、詩人は夜明けを「ブロンドの髪をふりみだしたような光の滝」と擬人化し、女神として見るにいたる。彼は女神のヴェールをはぎとるが、彼女は逃げてしまう。けっきょく、「拾い集めたヴェールで」彼女を包んでやって、ようやく彼女を抱くことができる……女神が鐘楼や円屋根(ドーム)のあいだを逃げまわるというイメージは、その後のシュルレアリストたちの想像を先取りしているようである。ここで詩人はギリシャ神話の「あけぼの」の女神エオスを恋人に仕立てているように見える。
 「夏の夜明け」は、ランボオがいつも愛していた「えも言えぬひととき」である。ドゥラエに宛てた一八七二年六月の手紙にも彼は書いている。「ぼくは、朝まだきの、このえも言えぬひとときに浸った樹や空をよく見ることにしている。」──この「夜明け」もその頃に発想されたものかも知れない。
<『流域』26号 ランボオ断片(四)1989.4>

ランボオ「イルミナシオン」目次   大島博光訳

イルミナシオン─ 1 新しい詩と歌

1 めまい
2 沈默
3 
4 『黒すぐり』河
5 朝のよき思想
6 ミッシェルとクリスチイナ
7 「渇き」の喜劇
8 汚辱
9 思い出
10 若夫婦
11 忍耐
12  永遠
13 いちばん高い塔の歌
14 ブラッセル
15 あれは埃及(エジプト)の舞姫か
16 幸福
17 黄金時代
18 飢えの祭り
19 海
20 運動

イルミナシオン─ 2 散文詩
1 大洪水の後
2 舞台
3 野蛮人
4 天才
5 神秘
6 わだち
7 花々
8 古代
9 或る理性に
10 苦悶
11 酔いどれの朝
12  夜明け
13 (凡俗な夜曲)
14 眠れぬ夜
15 少年時代
16 都市 1
17 妖精
18 美しいひと
19 都市 2
20 メトロポリタン
21 岬
22 歴史的な夕ぐれ
23 道化
24 小話
25 王位
26 労働者
27 水晶のような灰色の空
28 都市
29 出発
30 青春
31 生活
32 デモクラシイ
33 放浪者
34 ボトム
35 献身
36 見切品


(自筆原稿)

黒すぐり川

 *てくてく歩く男──ランボオは自分のことを自ら「てくてく歩く男」pietonと呼んでいた。
 **この最後の二行は、一八七三年五月、ランボオがドゥラエに書いた手紙によって解明されよう。「これらの百姓たちといったら、なんといやらしく、愚直な怪物だろう。夕ぐれ、一杯飲むためには二里以上も行かねばならない。」

 「黒すぐり川」は、アルデンヌのモンテルメからブイヨンのあいだの谷間を流れるスモワ川をうたったものである。スモワ川は、シャルルヴィルの北方でムーズ川に合流する。ドゥラエによれば、スモワ川の水は「澄んでいて、深い淵では黒く見え、夕ぐれには菫色がかった(黒すぐり)の色に見えた」という。ランボオはよくこの谷間を歩きまわった。ブイヨンにはゴドフロワ公の城があって、中世の物見の塔がそびえていた。
 ランボオの詩は、そのイメージを獲得してきた中心として、シャルルヴィル、ロッシュ、ベルギーの一部分などのまわりを、ぐるぐるまわっているように見える。
(『流域』23号 1988年)

 このような幻覚を得るために、ランボオは酒やアヘンのたぐいまでも用いていたらしい。かれは、それらのしげき剤による酔いのさなかにおける幻覚をえがいているばかりでなく、なにか、酩酊のモラルとでもいうべきものまでも歌っている。『イルミナシオン』のなかの『酔いどれの朝』、『眠れぬ夜』などの散文詩には、そのような酩酊による幻覚と、精神状態(エタ・デスプリ)とが、二重写しのように美しくかさなりあって、そこから詩人の傷ついたたましいの影像、苦悩とたたかいに色どられた影像が、うかびあがってくる。『眠れぬ夜』では、酩酊のさなかの影像がつぎのように描かれている。

 「ともしびの明りが、家の木組を照らしている。なにか、がらくたを飾りつけた部屋の両はじは、よく調和しながら高まって、つながっている。眠れぬ男が面とむかっている壁のうえには、コップの影や、青い壁掛けや、ふんいきをかもしだすおびのような壁布や、かべのうえを走っている地図のようなひびわれが、まるで心理模様のように、つぎからつぎえと現われる。目にうつるすべてのものが、いろいろなかたちをしてあらわれ、生きものの群れのように、目まぐるしい強烈な夢となる。・・・
 ・・・中ほどまでは、うす緑のレースで編んである壁掛け。その緑のなかから、眠れぬ夜のきじ鳩のむれが飛びたつ・・・」

 しかし、この酩酊者は──「眠れぬ男」は、酩酊そのものにも酔えず、酩酊によるこの美しい幻覚にも酔えず、どこか醒めている。この美しい影像をよびだしたそのあとで、かれはまたつぎのように書かないではいられぬ。

 「おまえはまだ聖アントワーヌの誘惑にかかっているのだ。・・・
 ・・・おまえがこの世から出ていってしまったら、この世はどうなるだろう?どのみち、いま目のまえにあるこんな眺めも、なにひとつ残るまい。」

 詩人はいまや、じぶんのよびだした影像を惜しみながら、「この世から出てゆく」という絶望をも洩らさないではいられない。
 さらに『酔いどれの朝』においては、酩酊はいつか詩人のモラルそのもののよそおいとさえなっている。酔いどれ──この毒を飲むことが、「おお、おれの善よ、おれの美よ」とよばれ、ふるいキリスト教社会における「善と悪の木」にたいするイロニイとなっている。

 「・・・ひどい楽隊のどんちゃん騒ぎだ、おお、おれはよろめくまい。夢幻劇につかうような拷問台!・・・今こそおれたちには、こんな拷問がぴったり似あうのだ。神につくられたという、おれたちの肉体とたましいに与えられたこの超人的な約束を、いっしょうけんめい果してやろう。・・・お上品、知恵、強迫、くそくらえ。善と悪の木はもうやみに葬りさられたと、おれたちには約束されたはずではないか。・・・
 かれんなてつ夜の酔いどれだ。聖女よ、だがこれはただ、おまえさんが授けてくれた仮面をかなぐり捨てるためなのだ。・・・おまえさんはきのう、おれたち同じ年頃の者どもに祝福を垂れてくれたが、おれたちはそれを忘れるまい。おれたちはこの毒を信じているのだ。おれたちは毎日でもこの毒に、おれたちの命ぐるみをささげるのだ。

 今こそ『暗殺者』たちの時刻だ。」

 ここでは、酔いどれることがキリスト教にたいする反抗として対置され、みごとな価値顚倒のモーメントとされている。そうしてここでは、酩酊による幻覚のかわりに、反抗の精神がめざめ、それがみごとな象徴のことばを見いだしている。「毒」にたいするイロニイにみちた信頼が『暗殺者(アッササン)』という酒にゆかりのある言葉をよびだしている。フランス語の暗殺者 assassin ということばは、haschischins より転じてきたことばで、haschischinsとは、中世にひじょうに恐れられたイスラムの異教徒たちで、かれらは haschisch 、すなわちインド麻からとった強い酒に酔わされ、その酔いの苦しさと高奮にまぎれて、敵の首領たちを暗殺しにゆく役目をひきうけたのである。「今こそ『暗殺者』たちの時刻だ」という一行は、そのような暗殺者たちの酔いの状態をいいあらわしてると同時に、詩人じしんの反抗的な精神の状態を、みごとに象徴しつくしているのである。
 この暗殺者ということばは、もう一度、『やばんじん』という詩のなかに、おなじような意味あいをもって、あらわれてくる。

 「・・・また、英雄主義をかきたてる、古くさい軍楽隊ががなりだし──またしても、おれたちの心臓やあたまを攻めたてる──もうむかしの暗殺者たちよりは遠くへだたってきたのに。」
 さらに、『地獄の季節』のなかの『地獄の夜』においては、この毒はいっそう象徴的に高められ、そこには、はげしい絶望と苦悶のひびきがまとわりついている。酩酊の感覚的なものが、精神的なものに置きかえられ、高められている。

 「おれはのどいっぱい、ぐっと毒をあふった。──今までおれのうけた忠告には、せいぜいお礼をのべよう。──ああ、はらわたが焼けつくようだ。毒のはげしさに、手足はよじれ、形相はかわり、おれは地上をのたうちまわる。のどがかわいて死にそうだ。息がつまる。わめこうにも声さえ出ぬ。地獄だ、永遠の責苦だ。見ろ、この火の燃えあがりよう!おれは思いきりよく燃えている。・・・」

 このような「毒」の地獄的なモチーフから、詩人の精神の地獄がくりひろげられてゆく。またしてもキリスト教との対決、革命的野望の思い出、世界救済者の夢想、これらのいつものランボオ的なテーマが、そこにちりばめられ、くりひろげられて、この地獄のソナタを構成するのである。「毒」はもはや、酩酊をつくりだすというよりは、地獄の影像をよびだし、地獄の伴奏となり、あるいは「地獄の火」をいっそうかきたてるよすがとなっている。
 アルコールもアヘンも、詩人のたましいの渇きをいやし、眠らせるどころか、いよいよ詩人のたましいの傷ぐちをひらかせ、うずかせ、地獄をふかめるばかりである。
 こうして、『イルミナシオン』において、言葉の錬金術は色うつくしい多くの影像をつくりだしたが、そこで弱められ、うしろえ引きもどされていたランボオの反抗と怒りは、ふたたび『地獄の季節』のなかに、ばくはつ的に立ちあらわれてくる。しかしそれは、そのあとにつずくランボオのふかい沈黙のまえの、ブルジョア社会にたいするにがにがしい別れの、詩人の最後の声として。──

<発表原稿 詳細不明>