イリーナ・メジューエワ

ここでは、「イリーナ・メジューエワ」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


イリーナ
長野市芸術館で久しぶりにイリーナさんのピアノを聴きました。
イリーナ
”ピアノを歌わせる”のがロシアの弾き方─と反田恭平が読売に書いていましたが、
イリーナさんのピアノも繊細に、かつ力強く歌いました。
イリーナ
すべてショパン。ショパンのひたむきさに向かい合い、対話したような心持ちに。
イリーナ
アンコールでノクターンを2曲。美しい美しい名曲ですね。
イリーナ
イリーナさんの穏やかで優しい人柄も素敵です。

イリーナ・メジューエワさんのピアノコンサートが9月20日、戸隠高原で開催されます。今回で13回目になる戸隠でのホームコンサート、連絡先は音楽ロッジ・アコールデ akkorde@blue.ocn.jp と菜の花おんがく企画 thyy.cat2@gmail.com になっています。

イリーナコンサート
イリーナコンサート
夜、NHK・FMの「ベスト・オブ・クラシック」でイリーナ・メジューエワさんのピアノ演奏会を放送していました。ショパンのノクターンはきらびやかな音色、イリーナさんが楽器の力を最大限に引き出して音楽をつくっていることを思わせました。ベートーベンのピアノソナタ「月光」の澄みわたった響き、この曲を聞くと、1月に亡くなった弟・秋光が情感たっぷりに弾いていたことを思い出します。

イリーナ
イリーナ
<2009年5月9日撮影>


・松代文化ホールのピアノが、いつもと違うピアノのように美しい音色を奏でてくれて、至福のひと時をすごさせていただきました。ショパンはもちろん、シューベルトやベートーヴェンも良かったです。ショパンのバラード、ピアノソナタが聴きたいです。モーツアルトのソナタもラフマニノフも。
・とても優しさを感じる演奏でした。力強くて、心に響きました。心に残ったのは、ショパン イ短調<木枯らし>、プレリュード<雨だれ>です。これからもがんばって下さい。幻想即興曲がまた聞きたいです。
・ショパンもよかったけど、本日のベートーヴェン♪ もう 音楽におしたおれそうな感動。すごかった・・・・
・私は特に、ショパンのノクターン変ホ長調とエチュード変イ長調が心に響きました。最初から最後まで思いが入っていてききほれてしまいました。
・何回きかせていただいても よわせていただきます。pが美しく、なのにfが女性とは思えない音色、イリーナさんの広い心が伝わってきます。来年もまた ききたいです。
・素晴らしかったです。暗く激しい曲、涙が出るほど心にしみる曲、伝わってきました。
・とてもデリケートな演奏でステキでした。はげしいところはお顔の表情も別人のように変わり、すごい演奏でした。

イリーナ

イリーナ
1時30分の開場を待ちきれずに入り口前には列ができました。コンサートへの期待の高さを感じました。
イリーナ
残念です!イリーなさんの演奏を聴いていただけないのが!
演奏の素晴らしさを文字では伝えきれません。演奏中は写真撮影を自粛したため演奏中の写真はありませんが、アンケートの中からいくつかを紹介します。
・とてもデリケートな演奏で素敵でした。激しいところはお顔の表情も別人の様に変わり、すごい演奏でした。
・ショパンも良かったけど、本日のベートーベン、もう音楽に押し倒されそうな感動。すごかった~。
・松代文化ホールのピアノが、いつもと違うピアノのように、美しい音色を奏でてくれて、至福のひと時を過ごさせていただきました。ショパンは勿論、シューベルトやべートーヴェンも良かったです。
来年も御願いします。ショパンのバラードやピアノソナタが聴きたいです。モーツアルトのソナタも、ラフマニノフも。・・・・・

イリーナ
2部の始めにイリーナさんにインタビューをさせていただきました。
松代の印象、学校訪問のこと、杏のきれいで美味しかったことなどを話されテ、「松代が大好きです」。
後半の演奏プログラムのショパンのこと、曲のこと、優しい声音で話してくださいました。
・イリーナさんの肉声も聴かれて良かった。コンサートの雰囲気もとても良かった。とアンケートに。

イリーナ
6月に訪問した東条小学校の生徒4人が、クラスの仲間の感想文を持って来てくれました。
「感動しました。また聴きたいです。」「頑張ってください。応援しています。」
イリーナさんの顔がほころんで、固い握手を交わしました。
イリーナ
終演後ロビーでCDのサインセール。ここも列ができました。
イリーナ
東条小学校の生徒と先生と記念写真に収まりました。
イリーナイリーナ
「大好きな松代」のぶどう畑で、イリーナさんは大喜び。嬉しそうな顔。イリーナさんは自然の息吹がとてもお好きです。
イリーナ
イリーナ
イリーナ
アンケートで多かったのは、「来年も聴かせてください」「来年も来てください」「毎年来てください」「1年に1回以上コンサートを開いてください」・・・・・。
イリーナ
イリーナ
[イリーナさんの訪問演奏を信濃毎日新聞が報道]の続きを読む
イリーナ
イリーナ・メジューエワさんが東条小学校と寺尾小学校を訪問、昨年に続いて松代の子供たちに生のピアノ演奏をプレゼントしました。
「音楽を聴く時、何がたいせつだとおもう?」と問いかけたイリーナさんは「音と音の間にある静けさを聴くこと。静寂の中から音が生まれて静けさの中に音が消えていく。その最後の音と静けさを大事に聴いてね。」

イリーナ
「ポーランド生まれのショパン。外国にいるときにポーランドに革命が起きて、国に帰れなくなってしまった。自分の家がどうなっているか解らない。お母さんや家族がどうしているか解らない。不安、心配、怒り、悲しみ・・・。それをショパンは「革命」という曲に書きました。」
イリーナさんの演奏する「革命」を聴いていると、悲しみ、怒り、不安・・・が胸の中にわき起こり涙が出そうになった・・・縣美恵子さんの感想です。
子どもたちからは「どうすればピアノがうまくなりますか」と質問が。
「うーん。練習をやめないで、毎日続けること。それと自分の下手なところを毎日見つけること。自分は上手だ、と思ったらそこで止まってしまうけれど、自分の下手なところをさがして練習すれば毎日進んでいける。・・・」
ピアノに向かっている真剣な顔。子どもたちに話しかける優しい顔と声、話し方。素敵です。
優しいけれど、ちょっとお茶目なところも有りそうです。みんなを見る瞳が、くるくると楽しそうに動いていました。

東条小学校の玄関には、ロシアで「イリーナさんいらっしゃい」、音楽室には「こんにちは」と書いておいて下さいました。
寺尾小学校の6年生はロシア語で「こんにちは!」と挨拶して下さいました。
校長先生を始め先生方、生徒の皆さん温かい歓迎ありがとうございました。

イリーナ
演奏のあと、あいにくの雨でしたが新村農園へ行き、歓声を上げながら杏狩りをしました。ロシアにも杏は有って、「なつかしい」とイリーナさんは喜びました。
9月20日、松代文化ホールで大島博光生誕100年記念のコンサートが開かれます。イリーナさんにそこでお会いできます。お楽しみに!
いりーな 

松代荘に夕べ泊まって、温泉を楽しんだイリーナさん。今日は和田さんのお招きでお茶をご馳走になりました。
築111年の和田さん宅は、当時の町屋の様子をよく残すたたずまい。坪庭にはホトトギスなどの茶花がつくばいを囲み、お茶室には、掛け軸、生け花ともてなしの心配りが感じられました。日本の文化に関心を持っているイリーナさんはとてもよろこばれました。
[イリーナさん、和田さんにお茶をご馳走になる]の続きを読む
イリーナ

松代文化ホールの舞台責任者の方が興奮しながら「すばらしい!」と。こんな「すばらしい!」と言う言葉を聞いたのは久しぶり。
「あのすごい力のタッチで演奏し、ベーゼンドルファー(グランドピアノ)の音を引き出してくれた。お礼をいいたいようです。ホール始まって以来最高の演奏だと思います」。
[イリーナ・メジューエワ ピアノコンサート]の続きを読む

清野小学校
清野小学校、音楽専科の先生
最後の演奏が終わり、イリーナさんが優しい笑顔で深々と頭をさげました。
子どもたちの拍手。
司会をしていた音楽専科の先生が立ち上がりましたが、涙で声が出ません。
イリーナさんの最後の演奏曲はラフマニノフの「鐘」。
「教会の鐘の音はロシアの魂。鐘の音を聞くと懐かしい気持ちになるのです」と紹介して演奏した曲でした。
音楽専科の先生は、自分が司会をしていることを忘れて音楽の世界にはいりこんでいたのです。
子どもたちの前で涙をながしている先生の姿。
子どもたちはイリーナさんの演奏とともに、その演奏に心を揺すぶられていた音楽専科の先生の姿を記憶したにちがいありません。
[心に届くイリーナさんの演奏]の続きを読む
イリーナ
[長野市民新聞にもイリーナさんの記事]の続きを読む
イリーナ
[イリーナ・メジューエワ ピアノコンサート in 長野]の続きを読む
イリーナ
イリーナさんが西条小学校と清野小学校で演奏会を開きました。
本当にすてきでした。校長先生も二人とも喜んでくださいましたし、とても幸せなきもちになりました。
テレビ信州で放映されました。 ▶ 
いりーな