うたごえ喫茶

ここでは、「うたごえ喫茶」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。




懐かしいフォークソング「花はどこへ行った」を歌いました。

花はどこへ行った
たんぽぽ

冷たい風と土の中で
青い空を夢に見ながら
野原に咲いた花だから
どんな花よりタンポポの
花をあなたに贈りましょう

うたごえ
うたごえ
今回は5人が伴奏に入り、迫力あるうたごえになりました


竹松恵理さんが歌う「アンジェラスの鐘」
<私の街 長崎 消さないで愛の灯
アンジェラスの鐘よ 歌うなら平和を>


勝利をわれらに -We shall overcome-


さいごは輪になって「あの青い空のように」

「月桃」は、太平洋戦争での悲惨な沖縄戦を描いた映画『GAMA(ガマ) 月桃の花』の挿入歌。
沖縄の小学生が歌っているので、私も歌えるようになりたい、とリクエストがあり、竹松さんが初見で歌ってくれました。

月桃
【作詞】海勢頭 豊
【作曲】海勢頭 豊

1.月桃ゆれて 花咲けば
  夏のたよりは 南風
  緑は萌える うりずんの
  ふるさとの夏

2.月桃白い花のかんざし
  村のはずれの石垣に
  手に取る人も 今はいない
  ふるさとの夏

3.摩文仁の丘の 祈りの歌に
  夏の真昼は 青い空
  誓いの言葉 今も新たな
  ふるさとの夏

4.海はまぶしい キャンの岬に
  寄せくる波は 変わらねど
  変わるはてない 浮世の情け
  ふるさとの夏

5.六月二十三日待たず
  月桃の花 散りました
  長い長い 煙たなびく
  ふるさとの夏

6.香れよ香れ 月桃の花
  永久(とわ)に咲く身の 花心
  変わらぬ命 変わらぬ心
  ふるさとの夏

月桃




竹松恵理さんがモーツァルト「春への憧れ」を歌いました

竹松

竹松

4月のうたごえ喫茶で竹松さんが歌いました。
江間章子作詞の「花の街」

美しい海を見たよ
あふれていた 花の街よ
輪になって 輪になって
踊っていたよ
春よ春よと 踊っていたよ

すみれ色してた窓で
泣いていたよ 街の角で
輪になって 輪になって
春の夕暮れ
ひとりさびしく ないていたよ

青い空の

今月も盛り上がりました。うたごえのフィナーレ





明るさ いつまでも
ちいさな ぼくたちだけど

あの青い空のように
すみきった心になるように



一本の鉛筆

竹松さんが歌う「一本の鉛筆」
美空ひばりが広島平和音楽祭で平和を願って歌いました


一本の鉛筆があれば
私は あなたへの愛を書く
一本の鉛筆があれば
戦争はいやだと 私は書く

一本の鉛筆があれば
八月六日の朝と書く
一本の鉛筆があれば
人間のいのちと 私は書く

映画「サウンド・オブ・ミュージック」後半の山場で歌われた「エーデルワイス」。音楽祭の会場で、ナチスに併合されようとする祖国オーストリアへの愛を込めてトラップ大佐が歌うと、マリアと子供たち、最後は聴衆も加わって大合唱となり、感動的な場面となりました。

竹松さん

竹松さんの美しい声とピアノ演奏で楽しく歌いました。

松竹
竹松さんが歌ってくださいました。






さとうきび畑

うたごえ
冬の歌を中心にしっとりと歌い、とてもいい雰囲気で楽しみました。

竹松
飯山の竹松さんがピアノ伴奏をして下さいました。
美しい声で歌う「生きるものの歌」「さとうきび畑」に感動!



見上げてごらん

表情豊かに手話で歌う栗林さん、いっしょに歌うと、ほっこり嬉しくなりますね。

うたごえ
うたごえ喫茶100回をお祝いして藤木さん、近藤さんがみごとな三味線演奏
DSCF5879.jpg
お琴の民謡におもわず手拍子が
4人
ギター
田口さんがギターの弾き語り
休憩
お楽しみ、お茶の時間
うたごえ
今日のために今井先生が手作りで「杏いり」お赤飯と葡萄大福。新村さんのブドウも。
坂口
うたごえ
ラスト
最後は輪になって「今日の日はさようなら」
うたごえ
2008年、記念館開設準備中にスタートし、毎月かかさず開いてきました。
色々な歌との出会い、人との出合いがありました。ありがとうございました。
これからもみんなで楽しく歌いましょう!

「ハローハローバンドン」が日本に持ち込まれた経緯が『グレート・ラブ 関鑑子の生涯』に書いてあると教えて下さいました。

   ◇   ◇   ◇
 国際交流の展開

 一九六〇年代、「うたごえ運動」の国際交流は活発に進められた。
 一九六三年、"We shall overcome"などの歌で知られ、アメリカの公民権運動の先頭に立っていたフォーク・シンガーのピート・シーガーが来日。「組合列車の歌」「ドナドナ」を歌い、全国で公演し、音楽センターを訪れた。この年、アメリカ全土をゆさぶったワシントンの黒人差別反対二万人の大行進でのフォーク・ソングの活躍を伝えた。そしてイギリスのオルダーマストンの核兵器禁止の大行進に参加して、歌を広めたことも紹介し、日本の「うたごえ」と共通の心で結ばれていることを強調した。
 また、「剣の舞」などで知られるソ連のアラム・ハチャトゥリアンも音楽センターを訪れ、鑑子、井上頼豊と懇談した。日本民謡に関心を持っていたハチャトゥリアンは、同席した寺原伸夫の「日本の夜明け」に注目し、彼の勧めで寺原はモスクワ音楽院に留学することになった。「各国の人民のしあわせに役立つために手をとりあって学びあおう」という考えは、ハチャトゥリアンも鑑子も、共通していた。
 この年八月から九月に、中国対外文化協会からの招待にこたえて、訪中日本合唱団を結成して行った中国公演、二月にはインドネシアの首都ジャカルタで開かれた新興勢力競技大会(オリンピックとは別のスポーツ大会)に中央合唱団の代表団が訪問し、その中で公演と交流を行った。公演から持ち帰った「ハローハローバンドン」は、一九五五年のバンドン会議(第二次世界大戦後に欧米列国の植民地支配から独立したアジアとアフリカの二九ヵ国が集まって、基本的人権と国連憲章の尊重、国家主権、領土保全などをうたった平和十原則を決めたアジア・アフリカ会議)を歌ったものであり、この公演は「日本のうたごえ運動」がアジア・アフリカ・ラテンアメリカなどの国々と交流していく始まりとなった。(以下略)
(三輪純永『グレート・ラブ 関鑑子の生涯』第6章)
   ◇   ◇   ◇

 「ハローハローバンドン」をはじめ、インドネシアや中国の歌が日本に入ってきたのは、中国やインドネシアで公演をするなど、1960年代、「うたごえ運動」の国際交流が活発に行われたことによるのですね。

グレートラブ
 1965年の9.30事件による軍の弾圧で共産党は完全につぶされ、スカルノ大統領は失脚、インドネシアは「第三世界」のリーダーの地位を投げ捨て、反共国家として歩むこととなりました。しかし、スカルノは第一回アジアアフリカ会議=バンドン会議(1955年)を成功させ、反帝国主義、反植民主義、民族自決の精神で第三世界の潮流を確立した功績で世界史の中に名前を刻まれています。

 かってうたごえ運動でバンドンのことをうたったような記憶があり、古い歌集を調べてみました。
「ハロー ハロー バンドン」がありましたが、思い出せません。
「東京-北京」は日本の歌で、バンドンはでてきませんが、アジアの連帯をうたっていますので、この歌のような気がします。

「ハロー ハロー バンドン」

 ハロー ハロー バンドン
 我が 首都 ペリアンガン
 ハロー ハロー バンドン 追憶のまち
 うばわれしふるさと 忘れえず
 いまこそ 心ひともやし
 とり返せ 首都を
 (灯歌集8)

「東京-北京」   下山・山本 詞 寺原伸夫 曲

1 アジアの兄弟よ はらからよ アジアに光を かかげよう 
  はげしい嵐に 負けないで 太陽の情熱を もやそうよ 
  美しい友情は 東京-北京を結び 美しい心は 世界をつなぐ 
  さえぎるもの 何であろうと しっかりと 手をとりあおう 
  友情のしるしは 東京-北京
 (牧場歌集5)

「かわいいあの娘」「ブンガワンソロ」などは今も歌集に載っているポピュラーな歌ですね。うたごえに入ってきた経緯がちょっと知りたいです。

うたごえ歌集
うたごえ歌集