中国

ここでは、「中国」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


わたしも見た

 <「赤旗」1989.6.18>

天安門広場を埋めつくした若者たちは「インターナショナル」や「義勇軍行進曲」を歌い、身をとして自由と民主主義を訴えた先進的な人々でした。
[わたしも見た──中国の若者たちに]の続きを読む
「赤い歌」と題して今日の東京新聞のコラムで、中国の歌「血染的風采」について書いている。
 この歌は80年代の中越国境紛争で生き残った兵士が作った曲で、「自衛抗戦曲」として広く知られ、89年の天安門広場に集まった若者の間でも歌われた。民主化を求めた彼らはまだ「赤い」共産党を信じ、国のために身を捧げようという覚悟をそこに重ね合わせたのだったという。しかし天安門事件のあと、この歌も微妙な立場に置かれ、歌われなくなった。著者のふるまいよしこ氏(北京在住フリーライター)も香港などで同事件を記念する場でしか聴いたことがないという。