FC2ブログ

フィ・カーン

ここでは、「フィ・カーン」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。




わが胸像を彫る


フイ・カーン詩集『東海の潮』

 フイ・カーンは、わたしにとってなつかしいベトナムの詩人である。わたしはおよそ三〇年のむかし、一九六七年、『ベトナム詩集』(飯塚書店)を訳出した。そのなかにフイ・カーンの「タイフォン寺の羅漢たち」という、東洋的なべトナムの苦悶をうたいあげた傑作があった。その作者として、フイ・カーンはわたしには忘れられない、なつかしい詩人となった。
 さいきん、そのフイ・カーンの彿訳詩集が出たので、その一篇をここに訳出してみた。かれも一九一九年生まれであるから、すでに老境にある。この詩にもその老いの想いがにじみでている。
<詩誌『橋』1995.9.30>

胸像



恋する女の


(フイ・カーン詩集『東海の潮』)

花