博光の思い出

ここでは、「博光の思い出」 に関する記事を紹介しています。
千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。


三鷹のお宅におじゃましたころ
                           中島荒太

 私が三鷹の大島博光さんのお宅を訪ねるようになったのは大島さんが詩集『ひとを愛するものは』で多喜二百合子賞を受賞されて以降のことであったと思う。それまでにももちろん詩人・翻訳家大島博光の名前は承知していたし、詩人会議の講演などでお会いしたこともあったが、しばしばお会いするようになったのは第十七回同賞受賞の一九八五年以降、つまり大島さん晩年の二十年ほどであった。
 当時私は「しんぶん赤旗」日曜版編集部所属の記者であった。受賞のインタビューのためにカメラマンとともに三鷹市下連雀のお宅に伺ったのが始まりである。編集部在職中はもちろんのこと、退職後もよくお訪ねした。
 大島さんはラグビーと釣りにことのほか関心を示されたが、私はスポーツも釣りも興味を持たなかったので、主としては時節の政治、社会の動きが話題になった。ネルーダ、マチャード、アルベルティ、ゴーシュロンの名前もしばしば耳にしたが、新聞の読者欄の投稿などをよく話題にされたのを覚えている。作りたての自作の詩を見せて感想や意見を求められることもあった。大島さんは誰よりもわれわれ素人の率直な感想を大事にされていたのではなかろうか。
 大島さんのお宅は三鷹駅からバスで二つ目の停留所で降りて二百メートルほどのところにあった。タ刻になると私たちは三鷹の駅の近くまで歩いて出かけた。特に決まった店があったわけではない。駅前のデパートの三階だったか、大衆的なレストランなどに入った。大島さんはそこで銚子を傾けながらタ食をとり、私はもっぱら酒の相手をした。
 「午後六時の男だよ、オイ」─大島さんは前歯の欠けた人なつっこい笑顔をつくりながら、そのように外食をされていたところをみると、奥さんの静江さんを亡くされてすでにかなりの年月が経ったころではなかったかと思う。静江さんを亡くされた当初は、まるで魂が抜けたような落ち込みようであった。ようやく気力も回復して『老いたるオルフェの歌』などまとめておられたころであったのだろう。
 レストランでの晩的、タ飯をすませた私たちは、また下連雀の家への道を戻って行った。ほろ酔い加減の大島さんは道路わきの喫茶店の中に若い女性たちを見かけると、ガラス越しに「ボン・ソワール」と挨拶の真似ごとをしたりして、上機嫌だった。『ひとを愛するものは』の出版記念会の二次会でのこと、詩人の土井大助氏が「今日も若い女性がいっぱいだったなあ。大島さんはどうして若い女性にあんなにモテるのかなあ」と羨ましそうにつぶやいていたが、大島さんの作品を読むと、その青年のような詩魂の若々しさが一つの魅力だ。海外の大詩人たちの詩法なども貪欲に吸収して独自の韻律の言葉が展開される。私もまた詩人のそうしたみずみずしい若さにひかれてあのころ三鷹のお宅へと向かったのであった。

(大島博光記念館ニュース40号)

二人
1985年春 多喜二・百合子賞を受賞した頃
名古屋へ転勤した年の話       西條八束

 これも紀子から聞いたことだが、名古屋へ移って間もない一九五九年の秋、紀子が銀座の檎の木画廊で個展をした。そこへ雨の中を大島さんがご夫妻お揃いで見にきてくださった。奥様は「雨でお客さんも少ないから思い切ってお店を閉めてきてしまったのよ」と言っておられ、そのあと、夕飯をご馳走してくださった。奥様は明るい方で、お店も順調にいっているようだった。「うちの店はジャルダン・デスポアール(希望の園)というのだけれど、私が留守の時は、主人が気難しい顔をして奥で店番をしていると、せっかくお花を買いにきた人が、みんな逃げ帰ってしまうのよ」と言われると、大島さんが笑って、「僕が店番をしていると、たちまちジャルダン・デゼスポアール(絶望の園)になってしまうんだよ」と言っておられたという。
 また、その十数年後、たしか門田穣さんの一周忌の会に私が行けず、代わりに紀子が行って大島さんにお会いしたとき、「やっちゃんも、いいプロフェッサーになったねえ」と言われた後で、「彼も結構進歩的な思想の持ち主なんだね」と言われたので、紀子が「それは当然でしょう。だって大島さんの薫陶を受けて育ったのですもの」と答えたら、「ふふ薫陶ねえ!」とくすぐつたそうな顔をされたという。

(『詩人会議』2006年8月号)

 野球の帰りに立ち寄られたときのこと       西條八束

 私たちが結婚して数年後、表参道の同潤会アパートにいた頃のことである。長女の八峯(やお)が生まれて間もなかった。当時大島さんは奥さんにお弁当を作ってもらって、神宮球場に野球を見に行かれ、その帰りに私どもの宅にしばしば立ち寄られた。
 ある日、私は留守だったが大島さんが来られた時、偶然、孫の顔を見に来ていた西條の母と久しぶりに出会った。母は大島さんと、戦前、西條の家で大島さんが『蝋人形』の編集をしていた頃の思い出を話し合っていた。その中で母が、「大島さん、あの時の娘さんのこと・・・」と言いかけたら、大島さんが顔を赤らめて、「奥さん、そのことは、もうかんべんしてくださいよ」と恥ずかしそうに答えたという話をあとで家内から聞いた。その日、母は歯医者に行った帰りで前歯が一本抜けていたが、母が一足先に帰ったあとで、「奥さまもお年を召されましたね」と感慨深そうに言っておられたそうである。

大島博光さんをしのんで    西條八束

父と大島さん(略)

私自身の思い出
 さきに記したように、大島さんは『蝋人形』の編集のため、毎日のように私の家の茶の間に、一九三五年から一九四三年まで出勤されていた。それは私が十歳の、小学五年生の頃から中学を経て、旧制松本高等学校の二年生になった頃である。
 私は詩人の家に育ったといっても、家庭内に芸術的な雰囲気があったとは言いがたい。ただ、父の書庫には和洋の文学書が山積しており、好きな本を読むことはできた。しかし、音楽、絵画などについては、六歳上の姉のベートーヴェンの田園交響曲などの少数のレコードや、古い世界美術全集がある程度であった。
 母が私に強く望んでいたのは、病身の私が何とかして兵隊に行かないですむようにさせることだった。そのために私を理工系の大学に入れ、技術将校にさせたかった。そのおかげとは言いがたいが、私は子供の頃から自然科学に興味を持ち、天文学者を夢見ていた。
 そのような時期に、大島さんはまだ十四、五歳の中学生の私を、新響交響楽団の定期演奏会や、何人かの画家の家に連れていって下さったりした。モーツァルトの四一番のジュピターとか、バッハのブランデンブルグ五番の室内楽のレコードを薦められたのも彼であった。中央線の国立駅から、当時まだ武蔵野の面影が強かった自然の中の散歩のお伴をしたこともあり、新宿の月光荘に油絵の道具を買いに連れていってくださったのも大島さんだった。このように私が大島さんからいろいろと教えられるのを母がすべて受け入れていたのは、母が大島さんの並々ならぬ実力を父から聞いていたからだと思う。
 当時、大島さんはご機嫌がよい時に、「ひとを殺したマクベスは眠られぬ」という多分シェークスピアの一節をくりかえし朗読しておられたのが心に残っている。
 また、召集令状が来て、友人が壮行会をしてくれた時に、靴で乾杯した話を聞いた。大島さんの詩の中にも、靴での乾杯と言う言葉が出ているから、おそらくフランスの詩人にでも倣ったものと思う。しかし、結核が残っていたので、即日帰郷になられた。
 私は十七歳の時、旧制松本高校に進学した。松高には当時としてはまだ自由な雰囲気があり、山々に囲まれた自然の豊かさは、都会で育った私には新鮮であった。しかし高校二年のときに胃腸を病んで休学した。もともと信州出身の大島さんは、小諸におられた信州で著名な詩人だった龍野咲人氏や、戦争で体調を崩して除隊になり、帰国して軽井沢におられた、有島武郎の甥の画家、山本蘭村氏を紹介してくださった。私は龍野さんをしばしば訪ねて文学の話を聞いたり、下手な絵を描いて蘭村さんのところへ携えていったりした。実を言えば、戦後、蘭村さんに絵を習っていた少女が現在の私の家内紀子である。
 高校卒業も間近い頃、私は松本から松代の実家に帰っておられる大島さんをお訪ねしたことがある。帰途、当時は大変な貴重品であったリンゴをリュックにいっぱい頂いて帰った。奥様にはじめてお目にかかったのは、その時で、農家の嫁としてご両親のもとで暮らしておられて、さぞご苦労なことだろうと、帰途に思った記憶がある。
 大島さんはよく病気をされ、しばしば入院し、手術を受けることもあった。一九四〇年、三十歳のときに、優れた詩論集『フランス近代詩の動向』を刊行された。既に戦時的気風が強くなっていた折だけに、こんな本が出せるかしらと言う話があったが、私の父が「俺が責任を持つから」と言って刊行に踏み切らせたという話を最近はじめて知った。父が大島さんの語学力ばかりでなく、文学的な面でも高く評価していたことがよくわかる。

大島さんが下連雀に住まわれた頃
 私は家内、紀子と結婚する前に、「子供の頃から私の精神形成に大きな役割を果たしてくれた人」としての大島さんに一度会わせておきたいと思い、三鷹のお宅へ連れていった。冬の晴れた風の強い日で、下連雀のおうちの窓ががたがたゆれていた。多分一九五〇年だったと思う。
 大島さんは厚着の上にテカテカのどてらを着てマフラーをし、ベレー帽をかぶって炬燵で仕事をしておられた。奥様は次男の秋光さんを負ぶって、お花の行商に出かけてお留守だった。炬燵にどうぞと言われて入ったが、火は消えていたようだった。
 大島さんはアラゴンの詩のこと、フランスのレジスタンスのことなど熱っぽく話してくださった。それから父八十の「衣摺れと葉ずれと木と人と・・・」という詩の一節を引用して、「いいねえ」と陶然としたように話しておられた。
 そのとき、とんとんとんと音がして、絣の綿入れの着物を着た三歳くらいの男の子が奥から出てきた。顔の半分ほどもある大きな焼き芋をおいしそうにかじりながら、くりくりした可愛い目で大島さんと私たちを興味深そうに見ていた。それが朋光さんだった。
 家内はこの訪問で非常に強い印象を受けて、「このような人の影響を受けて育った八束さんという人は、いったいどんな人なんだろうと思った」と後で言っていた。
(つづく)

  西條八束(やつか)さん
一九二四年、東京生まれ、陸水学、海洋学専攻、東京大学理学部地理学科卒、名古屋大学水圏科学研究所教授、所長など歴任、元日本陸水学会会長。名古屋大学名誉教授。『湖沼調査法』(古今書院)、『潮は生きている』(蒼樹書房)、『小宇宙としての湖』(青木書店)、『内湾の自然誌~三河湾の再生をめざして』(あるむ)ほか。

(『詩人会議』2006年8月号)