千曲川

大島博光記念館へようこそ。
長野詩人会議が中心となって建設運動をすすめ、2008年7月にオープンしました。
愛と抵抗を歌った博光の詩の世界にふれていただけます。






我が兄弟たちに


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)


海




革命は敗れた


 ルイズ・ミシェルは、ヴィクトル・ユゴーが歌ったように、まさに「男まさり」の不屈な勇気の模範であったばかりでなく、彼女はまた人類の未来にたいして熱烈な信頼をもちつづけた点においても模範であった。
 彼女は、その生涯に多くの詩を書いたが、たび重なる家宅捜索のために、ほとんどが紛失してしまった。 
 この情熱的な、自然成長的な、生まれながらの革命家ルイズ・ミシェルの詩には、つねに彼女の主観的な情感や、ロマンティックな感情や、敵にたいする復讐の念などが顫えている。復讐する幽霊というモティーフは、革命的ロマンティスムにみちた詩句によって、再三うたわれている。

(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

彫像




ルイズ・ミシェル

(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

ポピー




男まさりに

 ルイズ・ミシェルの流刑の宣告の翌日、一八七一年十二月、ヴィクトル・ユゴーは、『男まさりに』という讃歌をルイズに書き贈った。しかし、ルイズがこの詩を読んだのは、十七年ものちの、一八八八年であった。ユゴーの讃歌は、きわめて調子の高いものである。

 ルイズは、ニューカレドニア島に八年の流刑を科せられる。流刑を終わって故国に帰るや、彼女はふたたびその筆と声とをもって闘争を始め、示威運動の先頭に立った。 彼女は、人民からは尊敬され、ブルジョアからは憎悪される象徴的な人物となる。しかし、彼女の政治的思想は、依然として矛盾にみちたものであった。 彼女はふたたび投獄され、一九〇五年、この「コミューンの赤い処女」は、その任務を果たして死んだ。
 詩人アシル・ル・ロワは、つぎのような詩で、ルイズを讃えている。
(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

ルイズ




ジャンヌ・マリー

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──パリの女たち)

パリ・コミューン




パリの女たち3


<『ジャンヌ・マリーの手』へつづく>

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』)

写真




パリの


(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

女




パリのどんちゃん騒ぎ


(つづく)

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)


女





パリ

(新日本新書『パリ・コミューンの詩人たち』──血の週間)

パリ





山を


(パブロ・ネルーダ『百の愛のソネット』)

山


バラ
賑やかに咲くザ・フェアリーが咲いてきました。スロースタートですが、これからずっと咲き続けます。
バラ
入口のザ・フェアリーは大きな株に成長!薄い桃色、赤ピンク、赤の三種類あります。
バラ
ロープ仕立ての春風。たわわに咲いているのに花持ちもいいです。
バラ
バラ
木に絡ませた大きなつるばら、白いボビー・ジェームス(右)が満開。
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(左)もうすピンクですばらしい風情でした。
バラ

バラ

バラ
バラ
バラ
バラ
見事に咲く赤いつるばらトラディション95。遅咲きなのに今年はバラまつりの頃から咲き続けています。
バラ
秘密の花園?



マチルデへ

(角川文庫『ネルーダ詩集』1975年)

百の愛


パブロ・ネルーダ
百の愛のソネット 目次

マチルデ・ウルーティアに
(朝)
1 マチルデよ……
2 くちづけに辿りつくまでの
3 はげしい恋びとよ
4 おまえは思い出すだろう
5 大地と 養分にみちみちた
6 森のなかで道に迷い
7 「一緒になろう」と
8 もしも おまえの眼に
9 うち寄せる波が
10 音楽や森のように
11 おれはおまえの髪に
12 女ざかりの女よ
13 おまえの足の先から髪へと
14 おまえの髪をほめ讃える閑が
15 おまえがこの地上に生まれてから
16 おまえという地球のひとくれを
17 火を吹く火矢のような カーネーションよ
18 山をゆくおまえは
19 おまえが イスラ・ネグラのあわだつ白い泡や
20 私の意地悪さん……
21 どうか愛が
22 どれほど おまえを愛したことか
23 ひかりは火となり
24 恋びとよ 恋びとよ
25 恋びとよ おまえを愛するまで
26 グァテマラの ドゥルチェ河の
27 裸のおまえは
28 恋びとよ 穀物から穀物へ
29 おまえは 貧乏な……
30 おまえは 群島の落葉松から
31 南部の月桂樹と
32 朝の家は 羽根や敷布が乱れ 
33 愛する妻よ さあ
(昼)
34 おまえは海の娘だ
35 おまえの手が おれの眼か
36 愛するひとよ セロリとこね鉢の女王さんよ
37 おお 狂おしいまぶしさよ
38 正午 おまえの家は騒騒しい
39 ところで おれは忘れていた
40 静けさまでが緑に染まり
41 ひややかな正午(まひる)が
42 おお 海の波にゆすられる
43 おれはおまえの面影を探しまわる
44 おれがおまえを愛し
45 たったの一日でも
46 いろいろな川や
47 おれは振り返って 枝のなかのおまえを見てみたい
48 しあわせな二人の恋びとたちは……
49 昨日は 昼の指と
50 コタポスは言う
51 おまえの笑いは……
52 おまえが 太陽に向い
53 さあ パンも 葡萄酒も
(夕ぐれ)
54 絶対の房 垂直的な正午の
55 棘(とげ)や 割れたグラスや
56 いつもおれの背後に
57 かれらは おれがもう月を失くしたと
58 文学の烙印を押す 御用批評家たちの
59 哀れな詩人たち
60 彼らはおれをおとしいれようとして
61 愛は 苦悩というお供をつれてやってきた
62 なんとおれたちの不幸なことか
63 おれは行く かつて海に埋もれた塩の花が
64 おれの人生は たくさんの恋で
65 おまえはいったいどこにいるのか
66 おれはただ おまえを愛しているから
67 「南部」のどしゃ降り雨が
68 この木彫りの娘は
69 おまえがいなかったら
70 どうやら おまえの生命の放つ
71 苦悩から苦悩へと……
72 愛するひとよ 冬がまた街街にもどってきて
73 おまえはきっと思い出すだろう
74 道は 八月のにわか雨にぬれて
75 おい 見ろよ おれたちの家と
76 ディエゴ・リヴェラは 熊のようなしんぼう強さで
77 今日とはまさに今日だ
78 おれには まったくなにもない
(夜)
79 夜には おまえの心臓をおれの心臓と
80 ながい 苦しい旅から
81 さあ おれの眠りに
82 愛する人よ さあ
83 夜 ぐっすりと眠りこんで
84 愛するひとよ またみんな昼の網(あみ)から
85 海から街の方へ
86 おお 南十字星よ
87 海鳥が三羽 三つの光線
88 また三月が 陽射しをしのばせて
89 おれが死んだら……
90 おれはもう死ぬかと思い
91 寄る年波は 霧雨のように
92 恋びとよ おまえが死なずに
93 たとえいつか
94 おれが死んでも
95 だれが おれたちのように愛し合っただろうか
96 おまえがおれを愛してくれたこの時代も……
97 そのとき どこへ……
98 おれの一つの手が
99 ほかの時代がやってくるとき
100 大地の下で おまえを見つけ出そうと

解説
パブロ・ネルーダ  年譜

(角川文庫『ネルーダ詩集』1975年)

ネルーダ詩集




八番目



(パブロ・ネルーダ『百の愛のソネット』)

薔薇




一緒に


(パブロ・ネルーダ『百の愛のソネット』)

噴水